NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

与党議員は深夜の銀座クラブ通い、野党は大声ヤジで飛沫拡散?情けない永田町の「非常識」

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

石原伸晃議員の感染に永田町が騒然

 それにしても、コロナ騒動は収まりませんね。

 25日の衆議院予算委員会では、立憲民主党の小川淳也議員が自民党石原伸晃元幹事長に対する国民の不満について言及しました。石原元幹事長は感染後に無症状で入院したことで、「症状がある人が入院できないのに、なぜ石原さんは無症状なのに入院できるんだという声もある」ということでした。まぁ、それはそうですよね。

 この小川議員も以前に感染していましたし、国会でも感染報告がほぼ毎日あるような状態が続いています。クラスターこそ発生していないものの、身近にコロナの脅威があることは、誰もが実感しているはずです。

 国会議員の感染は、昨年9月18日に確認された高鳥修一衆院議員(自民)が「第1号」でした。その後、11月になって、医師でもある桜井充参院議員(無所属・自民会派)、小川議員(立民)の感染報告があり、12月には本人が療養中なのに政治資金パーティーを開いていたと話題になった渡嘉敷奈緒美衆院議員(自民)、前大臣なのに大規模な懇親会に参加し、本人だけでなく秘書たちも感染してしまった竹本直一衆院議員(自民)。

 そして、6人目の陽性者である羽田雄一郎参院議員(立民)は12月27日に病院に向かう途中に容体が急変し、大変残念なことにお亡くなりになりました。国会議員では初の死者となったにも関わらず、年末のさまざまなニュースに紛れて大きく報道されなかったことは大変遺憾です。心よりお悔やみ申し上げます。

 その後、清水忠史衆院議員(共産)も感染、今年に入ってからは、1月19日に安藤高夫衆院議員(自民)の感染が報告されています。安藤議員は、前日に自民党内の「密」な状態で開催された会合に出席していたため、党内がかなりざわつきました。

 そして、22日に石原元幹事長の感染が報道されました。石原元幹事長は、その前日に派閥の会合で坂本哲志地方創生担当大臣らと会食していたので、25日からの衆院予算委員会に影響が出るかもしれない、と騒然となりましたが、一応は大丈夫でした。

 民間企業なら、社内に感染者が出たら、自分は濃厚接触者でなかったとしても、一定期間は出社を自粛するなど外部の人との交流を避けますよね。しかし、国会議員にはそういう感覚は皆無のようです。お恥ずかしい限りです。石原元幹事長を含め、国会議員の感染者は9人となりました。まだまだ増える……のでしょうか。

(文=神澤志万/国会議員秘書)

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合