ジャニーズJr.22歳定年制で考える、屋良朝幸、佐野瑞樹、鮎川太陽の“その後”の人生の画像3
ジャニーズアイランドの社長を務める滝沢秀明氏の同期としても知られる屋良朝幸(37)。現在は振付師という立場でジャニーズ事務所に在籍している(写真はジャニーズJr.時代のもの)。

 ジャニーズJr.内のユニット「MADE」の元メンバー・稲葉光が、ジャニーズ事務所を退所する見込みだと「文春オンライン」が報じた。

 稲葉は2002年、12歳の時にジャニーズ事務所に入所し、以降18年も在籍しているベテランJr.。2008年からは福士申樹、冨岡健翔、秋山大河とともに、ジャニーズJr.内のユニット「MADE」として活動していた。しかし、2019年12月に秋山が女優の神田沙也加との不倫疑惑を報じられて退所したことから「MADE」も解散。稲葉はこれを機に退所を考え始めたという。

 さらに記事では、稲葉はジャニーズJr.をプロデュースするジャニーズアイランドの社長兼ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明氏と「もっとうまくやっとけばよかった」と後悔していたとも伝えられている。現在のジャニーズ事務所では、「滝沢氏に気に入られないと売れない」という流れになっているためだという。

「稲葉は昨年10月、Berryz工房(ハロー!プロジェクト所属の7人組アイドルユニット/無期限活動停止中)の須藤茉麻とのホテルデートが『文春オンライン』で報じられています。稲葉はこの時の『文春オンライン』の取材班に、ホテルデート報道を滝沢氏に伝えるかどうかを問われて、『このあと文春さんから取材を受けたってことを事務所に報告させてもらうから、そこで話し合いになると思います』と回答。Jr.内で滝沢氏に対する不満が出ているのではと問われた際も『本当に、下の下(ジュニア)まで、滝沢さんは見てくださっていて、僕たちのことも目をかけてくださってますし、お仕事とかも頂いてるんで』と明かしており、この報道を見る限りでは、滝沢氏を信頼しているようでした。

 しかし今回の退所報道では、稲葉のホテルデート報道を知った滝沢氏は話し合いの場を設けるどころか何も言わず、稲葉が滝沢氏に直接謝った際にも『気をつけろって言っただろ』と言っただけだったと伝えられています。結果、稲葉は滝沢氏に見限られたと感じたようですね」(芸能ライター)

不倫疑惑の秋山大河、闇スロット通いの山本亮太は「事実上クビ」のケース

 このところ、稲葉のようなベテランJr.の退所が続いている。不倫疑惑が明るみに出た秋山、そしてこの秋山同様「文春オンライン」によって闇スロット通いが2020年10月に報じられた元「宇宙Six」の山本亮太などは、スキャンダルを起こしたことから事実上クビになったケースである。

 稲葉と秋山が所属していた「MADE」も、山本が所属していた「宇宙Six」も、メンバーのスキャンダル発覚後に残りのメンバーが話し合った上で解散したとされているが、そこに滝沢氏の意思が介在しないわけはなく、一部ファンからは「タッキーやりすぎ」と秋山や山本に処分を下した滝沢を批判する声もあった。

 また、ジャニーズ事務所はこの1月16日、ジャニーズJr.の「22歳定年制」を2023年から導入することを発表したばかり。「ジャニーズJr.として活躍するタレントは、22歳で迎える3月31日までにその後の活動について事務所と合意に至らない場合、活動終了となる」という制度だが、ネットでは「高齢Jr.を切り捨てるためではないか」とまたもやJr.を管轄している滝沢氏を責める声が上がっていた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合