紙の「時刻表」が今も月5万部も売れている理由…スマホ検索が絶対に勝てない点とは?の画像1
「gettyimages」より

 今、電車の発車時刻を調べようと思ったら、ほとんどの人がインターネットかスマートフォンのアプリを使うだろう。しかし、いまだに雑誌形式の「時刻表」が毎月発行されており、約5万部も売れているという。

 これは、業界関係者や鉄道マニアが買っているからなのか。それとも、他に読者がいるのだろうか。現在の「時刻表」の販売実態と、その展望について、鉄道ライターの枝久保達也氏に話を聞いた。

時刻表の“元祖”と“本家”とは?

 出版不況が叫ばれて久しいが、なぜ「時刻表」は売れているのか。一概に比較はできないが、歴史と伝統のある月刊誌「中央公論」(中央公論新社)の現在の発行部数が約1万9000部であることを考えると、いかに「時刻表」の売れ行きが好調かがわかるだろう。

 しかも、「時刻表」は、1925年創刊の「JTB時刻表」(JTBパブリッシング)と、87年創刊の「JR時刻表」(交通新聞社、当時の名称は「全国観光時間表」)の2種類が発行されている。

「『JTB時刻表(旧・交通公社の時刻表)』は、87年3月までは国鉄監修の公式時刻表として位置付けられていました。『JR時刻表』は、その後、JR誕生と同時に創刊されたJR公式時刻表で、言うなれば“元祖”と“本家”の違いのようなものです。掲載されているJRの列車情報などは当然同じですが、バス路線などの取り扱い範囲や、路線、列車の並べ方(どの駅、列車を基準として時刻順に並べるか)、色使い(『JR時刻表』は本文2色刷り)など、見せ方に違いがあります」(枝久保氏)

 それぞれの違いの一例を挙げると、「JTB時刻表」は旅行者向けのため「特急」を基準に列車を並べているが、現場の駅員が使うことが多い「JR時刻表」は普通列車同士を並べるなど、レイアウトや並べ方が微妙に異なっている。

「古くからの鉄道ファンは、歴史のある『JTB時刻表』の方が完成度・熟成度が高いとして好んでいました。ただし、『JR時刻表』も30年以上の歴史を重ねていて、今や発行部数は『JTB時刻表』を上回っています。どちらが優れているというよりは、どちらを最初に手に取ったかなど、好みや慣れの問題でしょう。ただ、売れている『JR時刻表』の方が取り扱い書店が多いため、『JTB時刻表』から乗り替えた人もいるようです」(同)

 内容は同じだが、それぞれに特徴がある「時刻表」。では、それぞれ誰が買っているのか。単純に鉄道ファンだけの購入では、これだけの数字を叩き出すことは不可能と思われる。

「鉄道ファンの需要に加え、観光・旅行・運輸業者、大企業や官公庁、公共施設などが業務用として購入しています。ただ、鉄道ファン以外は『買い支えている』というよりは昔からの慣習で、なかば惰性で買い続けているのが実際のところでしょう。その証拠に発行部数は年々減少しているので、購買層もシュリンク傾向といえると思います」(同)

「JTB時刻表」の発行部数は、最盛期(86年3月)には200万部を超えていたという。それが、スマホなどの登場で年々減少。「JR時刻表」の方は10年前の発行部数は約12万部だが、現在は約5万部となっている。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合