オリラジ藤森慎吾「テレビは非効率で才能の浪費」、吉本を見限った理由を赤裸々に綴るの画像1
藤森慎吾『PRIDRESS(プライドレス) 受け入れるが正解』(徳間書店)

正解のないWEBマガジン〜wezzyより】

 2020年12月31日付で吉本興業との契約を終了したオリエンタルラジオ。以前からオンラインサロンやYouTubeでの活動の方が目立ち、テレビにあまり出なくなっていた中田敦彦の退所は多くの人が予想した通りの展開だったが、藤森慎吾も一緒に吉本を辞めたことは驚きだった。

 藤森は1月28日に初の著書『PRIDRESS(プライドレス) 受け入れるが正解』(徳間書店)をリリース。吉本を辞めた理由として、「テレビ」や「収入」に対する考えが変わってきたことが赤裸々に明かされている。

 お笑い芸人がテレビの仕事、特にレギュラー番組の獲得を目指す背景には、「やりたいことが存分にやれる」「存在感を誇示できる」ということ以上に「安定した大きな収入を得られる」というところにあると綴った藤森。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合