渡部建は「必要な人材」!? テレビ業界人が名指しで告白、「いなくても困らない芸能人」「いないと困るタレント」3人の画像1
渡部支持派が参上したよ

サイゾーウーマンより】

 芸能界には数え切れないほど多くの個性あるタレントが存在している。その活動の中心は、やはりテレビだろう。映画や舞台、YouTubeなどさまざまな場所があるとはいえ、世間に幅広く認知させる力があるのは、テレビの強みだ。

 しかし、テレビに出ている芸能人の中で、「本当に必要」とされている人材はどのくらいいるのか? 今回は、テレビ業界の関係者に「番組にいなくても困らないタレント」「いないと困るタレント」を聞いてみた。

 まず、いなくても困らないタレントとして名前が挙がったのは、今年3月に番組が終了になる『サワコの朝』(TBS系)で司会を務める阿川佐和子だ。

「番組の開始当初は年配層を中心に人気を集めていましたが、ここ最近の視聴率の落ち込みはすごかったようです。昨年は、裏番組の『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系)に最大8.0%、『めざましどようび』(フジテレビ系)にも最大3.0~4.0%と大差をつけられることもあった。そこで番組側は、『がっちりマンデー!!』(TBS系)などを手がける大御所の構成作家を新たにチーフ作家として招聘。以前は散漫だったトーク内容もより精査され、見やすくなったのですが、問題は阿川のほう。最近ではゲストと呼吸が合わず、話し始めがかち合ってしまったり、掘り下げてほしいテーマにいく前に質問をやめたりと、MCとしてのスキルに疑問がありました」(業界関係者)

 これによって、阿川の地上波出演番組は『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)だけとなったが、名残惜しいといった声はあまり聞こえてこないという。

「阿川は『週刊文春』(文藝春秋)で『阿川佐和子のこの人に会いたい』という対談連載を持つことで、芸能界屈指の“聞き上手”と呼ばれるようになり、2012年にはインタビュー術をまとめたエッセイ『聞く力』(同)を出版。ベストセラーとなりましたが、『サワコの朝』は構成作家が事前にゲストに取材し、何を話してもらうか決めている。彼女を支持してるのは結局、年配層の一部だけ。そもそも親友の夫と長年の不倫の結果、略奪婚したことで女性視聴者からは嫌悪されています」(同)

 もう1人、長年にわたる活躍の場が消えたあのキャスターの名前も聞こえてきた。

「昨年9月、5年半務めた『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)の終了に伴い、地上波から姿を消した安藤優子です。『スーパーニュース』や『ニュースJAPAN』など、主にフジテレビの生放送番組を足掛け30年も担当してきた、日本の報道番組の歴史に名を残すほどの人物にもかかわらず、『グッディ!』終了に際して、ほとんど惜別の声はなかった」(制作会社スタッフ)

 一方で、テレビから消えてしまっては困るという「必要な人材」もいる。名前が挙がったのは、いまやネット上の嫌われ者となったあの芸人だ。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合