【確認中】麒麟・川島明、『グッとラック!』後番組MCに内定か…漂う上品さの正体と漫才への情熱の画像1
お笑いコンビ・麒麟の川島明。新しいTBSの“朝の顔”として、4月からの帯番組MCに内定濃厚との報が。ボケもツッコミも裏回しもできる“超高性能芸人”の活躍に期待したい。(画像は麒麟・川島明公式Instagramより)

 お笑いコンビ・麒麟川島明が「TBSの朝の顔に内定した」との報が、ほぼ確定情報として業界内を駆け巡っている。現在放送中の『グッとラック!』が3月いっぱいで終了することは29日にTBSより正式発表されたが、4月からは、川島がMCとして新しい帯番組を立ち上げるというのだ。朝の情報番組を手がけるある放送作家はこう語る。

「昨年末より噂としては出回っていましたが、年が明けた1月6日に『文春オンライン』が川島さんの名前を出して報じたことで、『やはり噂は本当だったか』となった。(立川)志らくさんMCの『グッとラック!』はスタート当初から視聴率が奮わず、昨年9月にロンブーの淳さん(ロンドンブーツ1号2号の田村淳)をレギュラーに据えるなどしてリニューアルを試みましたが、それも不発。さらに11月には、小林麻耶さんの突然降板という不運にも見舞われました。そこで、より主婦層にリーチしようと、低音ボイスが特徴的で2児の父でもある川島さんに白羽の矢が立ったのではといわれています。

 川島さんはここ5年、ほぼピン芸人として八面六臂の活躍を続け、知名度的には問題なし。ひな壇芸人としてはボケもツッコミも裏回しもできる、超高性能芸人です。大喜利にも強く、多趣味で博学、タレント性がとにかく高い。あのバカリズムをして『すべてのジャンルのレベルが高く、もっと早く売れるべきだった』と評させるほどです。おまけに、そこはかとなく上品さがあり、意外にも“朝の顔”にはうってつけの人物だというわけです」

麒麟・川島にただよう上品さに、高まる芸能界の期待感

 競馬、マンガ、ゲームなどに精通し、芸人としての守備範囲も相当広いと高評価の川島。しかもその語り口には、確かに上品さがうかがえる。

「博多華丸・大吉の博多大吉さんもそうですが、やはり“朝の顔”は上品さが命。志らくさんやロンブー淳さんが下品だとはいいませんが、とはいえ朝は、彼らが得意とする“歯に衣着せぬ物言い”が求められているわけではない。生活情報を面白く提供するという意味では、川島さんのほうがベターなのかもしれません。

 今はレギュラーというより人気バラエティ番組への不定期出演が多い川島さんですが、朝の帯番組のMCともなれば、タレントとしてのランクは確実に上がります。今後は一時的に不定期出演をセーブしていくことになると思いますが、朝番組である程度の成功を収めたら、次はゴールデン番組での司会や冠番組を狙いにいくはず。ご本人もここは絶対に外したくないでしょうが、TBSの朝枠は長らく苦戦続き。このアウェイな風をどう追い風に変えていくのか。業界内では注目度は非常に高い」(前出・放送作家)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合