NEW
渡瀬基樹の「空港から最寄り駅まで歩いてみた」第14回

豊岡駅から但馬飛行場まで歩いたら峠道の苦行…わずか1日2便、羽田便なしのうら寂しさよ

文=渡瀬基樹
【この記事のキーワード】

, , , ,

【確認中】豊岡駅から但馬飛行場まで歩いたら峠道の苦行…わずか1日2便、羽田便なしのうら寂しさよの画像1
コミューター空港でありながら、JAL便(JAC)が就航している但馬飛行場。48席のプロペラ機であるATR42-600型が発着する(写真はすべて筆者撮影)。

 日本の空港には拠点空港、地方管理空港、共用空港、その他の空港という分類がある。拠点空港は日本の主要な空港で、うち会社管理空港が4カ所、国管理空港が19カ所、特定地方管理空港が5カ所の、計28カ所が存在する。地方管理空港はそれに準ずる空港で54カ所、共用空港は自衛隊や米軍と共用の空港で8カ所が存在する。

 以上に該当しない空港が、「その他の空港」だ。全国で7カ所存在するのだが、「その他」というだけあって、微妙な立ち位置の空港が多い。まず大阪府の八尾空港と、岡山県の岡南飛行場(旧岡山空港)、大分県の大分県央飛行場は定期路線が存在しない。主に写真測量や操縦訓練などの事業用や、自家用の小型飛行機の発着に利用されている。

 東京都の調布飛行場と、熊本県の天草飛行場は定期路線が存在するが、近距離を小型機で結ぶコミューター路線のみ。一方で愛知県の名古屋飛行場(県営名古屋空港)は、当連載でも紹介したように、中部国際空港(セントレア)開港前は国内有数の大空港だったこともあり、現在でもフジドリームエアラインズが8路線を就航している。

 残る但馬飛行場(コウノトリ但馬空港/兵庫県豊岡市)は、もともとコミューター専用空港として1994年に開港した。しかし建設当初に就航が内定していた地域航空会社が、経営難で開港前に撤退。結果、日本航空グループの日本エアコミューター(JAC)が就航したことで、JAL便が発着する唯一の「その他の空港」となった。

 というわけで今回は、JR山陰本線・京都丹後鉄道の豊岡駅から、この但馬飛行場まで歩いてみた。当連載では通常「空港から最寄り駅まで歩く」のだが、今回はスケジュールとダイヤの都合上、「最寄り駅から空港へ」歩いてみた。実施したのは2020年10月である。

【確認中】豊岡駅から但馬飛行場まで歩いたら峠道の苦行…わずか1日2便、羽田便なしのうら寂しさよの画像2
兵庫県豊岡市に所在する但馬飛行場の位置(Googleマップを利用。権利関係はGoogleに帰属します)
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合