NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

中国、インド領土内に数千人の村を建設、実効支配を狙う…中印軍事衝突の緊張高まる

文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー
【この記事のキーワード】

, ,

中国、インド領土内に数千人の村を建設、実効支配を狙う…中印軍事衝突の緊張高まるの画像1
「Getty images」より

 中国の「傍若無人」ともいえる振る舞いから、米国で誕生したバイデン新政権も「自由で開かれたインド太平洋」戦略を継承し、日本や豪州、インドとの連携強化で中国に対処していく姿勢を明らかにしつつある。

 日本、米国、豪州にとっての中国の脅威は海洋が中心だが、インドは陸上でも対峙している。インドと中国の3440キロメートルに及ぶ国境は大部分が確定されておらず、国境をめぐる紛争地域は、ネパールを挟んで東西に分かれている。

 西部のカシミール地域のラダックでは昨年6月、45年ぶりに死者が出る紛争が勃発した。その後も緊張状態が続いており、極寒の中で数万にも上る両軍の兵士たちの駐留が続いている。ラダックに隣接する東西約130キロメートルに広がるパンゴン湖は、水上で分断されており(インドが3分の1、中国が3分の2を実効支配)、劣勢にあるインドは活動強化のために偵察船と軍用機を増強している(1月20日付日本経済新聞)。

 ラダックをめぐる両国の緊張は、東部地域にも波及しつつある。インド北東部シッキム州の中国との国境地帯で1月20日、両国軍による小規模な軍事衝突があり、双方に負傷者が出た模様である。インド側の発表によれば、中国兵がパトロ-ル中にインド側に入ろうとして小競り合いになったが、現地司令官同士が規定に従い解決したとのことである。これに対し中国メディアは「インドメディアによるフェイクニュース」と否定している。

インド、ロシアからS400を5基購入

 今回衝突のあった標高5000メートル級のシッキム州では、昨年5月にも小規模な衝突があった。同州の国境線は西部のラダックとは異なり、川の氾濫や冠雪などでしばしば変化することから、衝突が生じやすいという難点がある。

 シッキム州はネパールやブータンの間に位置するが、インドにとって要衝の地である。中国に攻め込むのに重要な場所であり、ヒマラヤ地帯で唯一インドが地形的、戦略的に優位に立っている地域だとされている。逆にこの地域を中国に奪われるとインドは大打撃を被る。インドの国防上の弱点(チキン・ネック)であるシリグリ回廊に近いこの地域が中国の手に落ちると、首都ニューデリーなどが存在するインド主要部と北東部が分断されてしまうからである。

 2003年に「チベット自治区における中国の主権」と「シッキム州におけるインドの主権」を相互承認する合意がなされたが、2017年に中国がこの合意に反してシッキム州周辺に軍を配備したことから、両軍が2カ月以上にらみ合ったという経緯がある。中国は2018年からドクラム地区に近いチベット自治区の空港に戦闘機を重点配備し、新たな滑走路まで建設するなど軍事拠点化を進めたことから、インドのモディ首相は2018年10月にロシアのプーチン大統領と会談し、S400を5基購入することで合意した(総額54億ドル)。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合