前田敦子が離婚協議、情報流出元はどこか…前田のものすごい性格に勝地が限界かの画像1
前田敦子のInstagramより

 1月30日付サンケイスポーツが、元AKB48のエースで女優の前田敦子が、夫で俳優の勝地涼とすでに離婚協議に入っていると報じた。翌31日付サンスポ記事では、勝地の所属事務所が「双方が弁護士を立てていることは事実です」と認めている。

 前田と勝地は交際期間4カ月を経て2018年7月に結婚。翌年3月に前田は長男を出産したが、昨年以降、別居や離婚危機が報じられていた。そんななか、前田は昨年12月には、デビュー当初から所属していた太田プロダクションを退社し、独立。今月1日には個人事務所「Office MAEDA ATSUKO」のオフィシャルサイトを開設したと自身のInstagramで報告したものの、離婚協議報道については触れていない。

「サンスポのスクープ以降、マスコミ各社の芸能担当は、前田か勝地が何かしらの報告をするのではないかということで、2人のSNSを注視しています。そんななかでのオフィシャルサイトの開設発表ですが、正直、期待外れの投稿ではありましたね。昨年前半頃からずっと離婚問題を抱えていたのだとすれば、なぜこのタイミングで太田プロを離れたのかが、大きな疑問です。こういった際のマスコミ対応は、大手事務所がついていたほうが絶対的に強い。そんな大変な時期に独立すれば、週刊誌やスポーツ紙から遠慮なく追いかけられますよ」(テレビ局関係者)

 気になるのが、わずか交際4カ月での“スピード婚”を果たすほど燃え上がった2人が、不仲に至った原因だが――。

「前田は以前、出演したテレビ番組で、しばしば家でも感情をコントロールできなくなって取り乱してしまうことが多いと告白し、それでもやさしく接してくれる勝地に感謝していると語っていました。ただ、新婚時期ならまだしも、そんなことがずっと重なれば、いくら性格が穏やかな勝地でも、嫌になって家に寄り付かなくなってしまいますよね。

 前田はAKB48時代から、とにかく気難しくて面倒な性格だというのは有名な話でした。現場でも機嫌を損ねると立ち直るのに時間がかかり、撮影やリハーサルなどがストップしてしまうこともあり、とにかくスタッフは前田が気分を害さないように気を遣っていました。以前ほどではないでしょうが、今でもそうした性格が垣間見えることがあるのかもしれません」(業界関係者/20年8月4日付当サイト記事より)

前田の今後の活動は?

 気になるのは前田の今後の活動。女優仲間の満島ひかりのスタッフのサポートを受けて海外進出を目指すという報道(「女性セブン」<小学館/1月21日号>)も出ているが、テレビ局関係者はいう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合