【完了】センバツ甲子園、不可解すぎる選考…公立進学校は優先的に選出?ヤンチャ校は不選出?の画像1
阪神甲子園球場(「Wikipedia」より)

 春の甲子園「選抜高等学校野球大会(センバツ)」における謎の逆転選考例。2月2日掲載の前回記事『センバツ甲子園、謎だらけの選考(近畿地区編)…文武両道の高校が大好きな高野連』では、近畿地区における謎選考の事例を紹介した。今回は、近畿以外の地区の事例を紹介する。

【ケース4】名門校なら地域性は問われない?

 日本高等学校野球連盟(高野連)が好むのは、文武両道のチームや品位やマナーの点で申し分ない高校、しかもそれが公立校なら申し分ないのだが、私立でも戦前からの流れを汲むような名門なら下駄を履かせられるようだ。その筆頭は、東なら早稲田、慶應義塾といった超名門校で、今回はまさにそのケースである。

 2013年の第85回大会の関東・東京地区に関する選考でのこと。このときの出場枠は6で、関東4、東京1は最初から確定している。そこから関東5番手と東京2番手のチームが比較検討され、最後の1校が決まるシステム。

 その上で、まずは12年秋の関東大会が検討材料になる。優勝は浦和学院、準優勝は花咲徳栄と、ともに埼玉県勢。ベスト4には宇都宮商(栃木)と常総学院(茨城)が残った。当然、この4校は確定となるが、注目は関東5校目である。準々決勝は前橋育英(群馬)3-5浦和学院、霞ヶ浦(茨城)4-5宇都宮商、習志野(千葉)0-12花咲徳栄、佐野日大(栃木)5-6常総学院と、4試合中3試合が接戦となったため、この3校中どこが選ばれてもおかしくない状況である。

 一方の東京はといえば、決勝戦で名門・早稲田実業が全国的には無名の安田学園に1-2で敗れ、優勝を逃すという波乱。こうして安田学園の春夏を通じての甲子園初出場がほぼ決まった。

 問題の関東・東京の6枠目は、大敗した習志野は論外として、霞ヶ浦、佐野日大、早実の3校は“地域性”でマイナスとなる。さらに早実は、1点差とはいえ甲子園未出場の安田学園に足下を救われたのが印象的に悪い。地域性の問題はあるが、関東大会の準々決勝は4試合中3試合が接戦なので、最後の枠は関東に回ると思われた。

 だが、注目の選考結果は、関東から浦和学院、花咲徳栄、宇都宮商、常総学院、そして東京からは安田学園と早実だった。霞ヶ浦も佐野日大も地域性が響きアウトとなり、優勝した浦和学院に善戦して県1位の前橋育英が関東5校目となったのだが、実は前橋育英は初戦シードされており、負けた準々決勝からの登場だったことが災いした。「関東大会0勝」が評価を下げる格好になった。

 だが、県1位のシード校で、初戦敗退しても選出されたケースが過去にはあり、関東大会未勝利というだけで落選したのは、今ひとつスッキリしない。そこで高野連は、「両校の投手力が決め手になった」と、選考理由を語っている。前橋育英はエース・高橋の制球力が不安定だと指摘。だが、実はこの高橋は、この選考委員会の約半年後の夏の甲子園で、2年生ながら優勝投手に輝いた、高橋光成(埼玉西武)なのだ。センバツで落とされたことが発奮材料になったのだろうか。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合