【ケース5】エースの疲労が原因で負けたので逆転選考

 1999年秋の九州大会は、全国屈指の剛速球右腕・香月良太(近鉄~オリックス~巨人)を擁する柳川(福岡)が力の差を見せつけ、余裕で制した。準優勝は、その柳川に3-17と大敗した佐賀商。ベスト4には柳川に0-8の7回コールド負けを喫した城北と、佐賀商に2-5で敗れた九州学院の両熊本県勢が残っていた。

 このときの九州地区の選抜の出場枠は4枠。普通に考えれば、V校の柳川と準Vの佐賀商、さらにベスト4から九州学院も当確である。難しいのが最後の1枠で、ベスト4に残ったものの、柳川の前に大敗を喫した城北は、同じ熊本県勢の九州学院の選出の可能性が濃厚なため、地域性でも不利となってしまう。

 この城北を逆転するとすれば、準々決勝で柳川に1-5で敗れた延岡学園(宮崎)が地域性の面を含めても有利となる。とはいえ、城北は県大会決勝で九州学院を倒して優勝しているし、柳川に大敗したといってもその柳川の強さが別格であることは、決勝戦のスコアからも明白。よって、延岡学園よりはベスト4の実績を買われて、やはり城北が選ばれるだろうとみられていた。

 ところが、選出されたのは柳川、佐賀商、九州学院、そして最後の4枠目には前評判ではまったく挙がってこなかった“戸畑”だったのである。それもそのはず、戸畑は福岡2位で九州大会に進出したものの、準々決勝で九州学院の前に0-6で完敗しているからだ。何よりも、すでに同じ福岡県勢の柳川が選ばれている以上、地域性が問われて落選してもおかしくない。

 そこで選考理由を見てみると、「城北と8強で試合内容のいい戸畑、波佐見(長崎)、延岡学園の4校で再検討されたが、本格派右腕のエースを評価する声が高く、戸畑が選ばれた」と記されている。

 だが、0-6で完敗している時点で、“試合内容のいい”とはお世辞にも言えないのではないか。さらに当時のスポーツ新聞を読み進めると「戸畑は準々決勝で0-6で敗れたものの、エースが3連投という事情があった。一方の城北は、前日試合がなかったという日程的にも有利な状況ながらコールド負けしたのは選考されるに値する実力なのか、疑問視された」とある。“負け方”が選考材料になったことを示している。

 しかし戸畑は、そもそも福岡県の準V校だ。2位以下で地区大会に進出した以上、日程が熊本県王者の城北ら1位校と比べて不利になるのは明白。この当時の九州大会では、県の1位チームがシードされる一方で、2位以下チームは1回戦から登場するケースが多い。つまり、過密スケジュールは戸畑に限ったことではなかったのである。

 そんな戸畑は、実は福岡県内きっての伝統的な公立進学校である。

【ケース6】コールド負けを喫してもエースに安定感があるので選出

 福岡県の伝統的公立進学校をめぐる不可解な選考は、ほかにもまだある。前述した事例の2年前、97年秋の九州大会のこと。このときは翌98年のセンバツが第70回の記念大会だったため、1枠増えて5校が選出されることになった。

 優勝校は全国屈指の右腕・新垣渚(ダイエー・ソフトバンク~ヤクルト)を擁する沖縄水産で、同校に1-2で惜敗した高鍋(宮崎)が準優勝となった。さらに、ベスト4には東筑と東福岡の両福岡県勢が残ったが、東福岡は高鍋相手に延長10回、1-2で惜敗しているだけに、選出されるのは確実である。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合