生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「iPhone」などでおなじみのAppleが、「悪用された可能性がある」というセキュリティリスクの解消のため新たなOSを公開した。近年急速な高機能化によって“個人情報の塊”と言われることも少なくないスマートフォン。ユーザーのパーソナルな情報からさまざまなアプリの利用履歴。さらにはクレジットカードやQRコード決済の情報等、悪意を持った犯罪者どころか仲のよい友人にだって知られたくないことが満載だ。
今回は、そんな知られたくないことを守るために必要なOSアップデートの重要性と、イタチごっこを続けるAppleなどの開発者とサイバー犯罪のことについてご紹介していきたい。

iOSで“悪用されたかもしれない”脆弱性が発見される

 今回Appleが更新したのは、スマホのiPhoneやタブレット端末の「iPad」に搭載されるiOSだ。Appleによれば3件のセキュリティリスクがすでに悪用されたかもしれないといい、合わせて「連鎖的な悪用に関連しており、完全な悪用のためには別のセキュリティの問題を利用する必要がある」とも伝えた。この更新ではセキュリティ面以外でも、「いままでよりも小さなQR…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合