オーケストラ、コンサートを取り仕切る権力者…楽員全員が一挙手一投足に注目の画像1
「Getty Images」より

「良いコンサートでした。でも、トランペットの3名が遅刻していましたね」

 ある演奏会のあと、スポンサーの大会社の社長から言われた言葉です。その日のメインプログラムは、19世紀末を代表する作曲家グスタフ・マーラーの代表作、交響曲第1番『巨人』。曲が始まって数分後、3名のトランペット奏者が目立たないように下を向きながら、見方によってはバツが悪い感じで舞台に出てきます。

 この3名の奏者の名誉のために言っておきますと、別に遅刻したわけではなく、すべてマーラーの指示通りなのです。この交響曲は、マーラーが生まれ育ったチェコの田舎村の風景を音楽で描いているともいわれ、日の出時間の澄んだ空気の中、鳥の声が聞こえたり、村の中にある軍隊の朝の起床ラッパが遠くから聞こえてきたりする仕組みになっています。

 実際に、マーラーの生まれ故郷には軍隊の駐屯地があり、毎日、軍楽隊の音楽が聞こえていたのです。そんなマーラーの音楽的原体験ともいえる起床ラッパの音を再現するのに、3名のトランペット奏者を舞台裏で演奏させることで、観客には遠くからトランペットが聞こえてくるように錯覚させるからくりなのです。

 舞台裏で演奏した3名の奏者は、短いフレーズを吹いたら仕事が終わりとなるわけはなく、それから舞台に入ってきて交響曲の最後まで演奏します。そのためマーラーも、彼らが舞台裏で吹いてからステージに入ってきて、ゆっくりと椅子に座るくらいの時間の余裕を楽譜上で用意しています。

 つまり、彼らの移動時間にはトランペットの出番はなく、慌ててステージに走り込んで着席する必要はないように、マーラーも配慮しているのです。しかし、演奏途中の奏者の前を通るわけにもいかないので、こそこそというか、まるで遅刻した奏者がバツが悪そうに入ってきた感じに見えてしまうのかもしれません。

 本連載『クラシックオーケストラ、絶対に破ってはならない“不文律”…もし破ると背筋が凍る事態に』にも書きましたが、オーケストラの楽員が一番してはいけないことは遅刻です。まして、本番に遅れるなんて言語道断です。ひとつでも楽器が足りなければオーケストラは演奏できないので、ステージマネージャーは全員が舞台に乗っていることを確認するまでは、指揮者を舞台袖から舞台に出すことはできません。。指揮者が舞台に出ていかないということは、すなわちコンサートが始まらないということです。

 几帳面な日本では、そんな経験はないのですが、海外では何回か、遅れた奏者を待ったことがあります。しかし大概は、管楽器奏者が演奏に必要なリードを楽屋に忘れたとか、弦楽器の弦が急に切れてしまったといった程度で、基本的に演奏家は時間を守ることに関しては、さまざまな職種のなかでもトップクラスだと思います。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合