NEW
丸谷健太「だからゲームがやめられない」

『三國志14 withパワーアップキット 』圧巻の“濃さ&ボリューミーさ”を徹底解説

文=丸谷健太/ライター
『三國志14 withパワーアップキット 』圧巻の“濃さ&ボリューミーさ”を徹底解説の画像10
『パワーアップキット』では5つの異民族が独自勢力として登場。異民族の本拠地付近の地の利を得ると外交が可能になり、友好度が上がると高い戦闘力を持った武将を自軍に派遣してくれる。

三国志を代表する合戦を手軽に楽しめる“戦記制覇”

 選んだ勢力やシナリオによってさまざまな状況下での中華統一が楽しめ、奥深い内政や戦闘が用意されている『三國志14』だが、それゆえに(プレイヤーによっては)短所として感じてしまう部分が存在する。ゲーム内容が濃い、そして舞台が中国大陸という広大なフィールドのため、ひとつのシナリオをクリアし、エンディングを目撃するには、かなりのプレイ時間が必要なのだ(プレイヤーのシミュレーションゲームの腕にもよるが、筆者の場合はだいたいのシナリオで中華を統一するまでに10時間から20時間ほどはかかった)。

 しかしこの問題も、『パワーアップキット』では、“戦記制覇”という新しいゲームモードを追加することで解決。戦記制覇は“赤壁の戦い”や“荊州争奪戦”、“五丈原の戦い”など、三国志の時代を代表する戦に焦点をあて、その戦いに参加した勢力と地域だけをピックアップ。移動できる土地が限定されているうえに最初からすべての勢力が戦争をやる気満々なため、通常のシナリオよりもスピーディーにゲームが進行。内政でじっくり自勢力を育てていくような遊びは難しいものの、本作の華ともいえる武将どうしの戦闘を濃密に体験でき、クリア条件も手早く達成できるようになっている。

 休日のような時間がある場合は通常のシナリオ、仕事のある平日は戦記制覇……といった、プレイヤーのリアル事情にあわせた遊びかたができるのも、『パワーアップキット』が追加されてからの『三國志14』の魅力といえるだろう。

『三國志14 withパワーアップキット 』圧巻の“濃さ&ボリューミーさ”を徹底解説の画像11
戦記制覇は戦場となる土地が限定されているうえ、戦局を大きく左右するようなイベントが頻繁に起こるようなバランス調整がなされている。そのためゲームの進行が通常のシナリオよりもスピーディー。
『三國志14 withパワーアップキット 』圧巻の“濃さ&ボリューミーさ”を徹底解説の画像12
ゲームクリアまでの時間(ターン数)によって評価が変動する、スコアアタックのような要素も戦記制覇には用意されている。

 今回ここまで紹介してきたように、十分なゲームボリュームと遊びやすさをそなえた『三國志14 withパワーアップキット』だが、2021年に入った現在も無料アップデートによるゲームバランスの調整や、ダウンロードコンテンツでのシナリオ追加や機能の拡張などが、およそ月イチペースで予定されている。まだまだ広がりを見せそうなタイトルなので、シミュレーションゲームや三国志が好きな人はもちろん、長期にわたって遊べるゲームを探している人も、ぜひ本作を触ってみてほしい。

(文=丸谷健太/ライター)

ゲーム名:三國志14 withパワーアップキット

メーカー:コーエーテクモゲームス

対応機種:Playstation4、Nintendo Switch、Steam

ジャンル:歴史シミュレーション

発売日:2020年12月10日

価格:PS4®版/Switch版:10,780円(税込)、Windows®版:11,880円(税込)

※PS4版、Steam版の『三國志14』を購入済みの場合は『パワーアップキット』を5,830円(税込。PS4版)、6380円(税込。Steam版)で購入可能

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合