JRA京都記念、100万円獲得のチャンスも…フェブラリーステークスに向けた資金稼ぎ!の画像1

今週末必見の京都記念、まさかの波乱に?

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、緊急事態宣言の延長が決定した。我々は可能な限りステイホームを続けざるを得ないが、感染者数の推移から効果は感じられ、あともう少しの辛抱だろう。しかし、この時期の風物詩であるプロ野球のキャンプや、連日大きな盛り上がりを見せる競馬は無観客となってしまい、ファンとしては非常に残念。ともに春のペナントレース開幕やG1シーズンに向けて、事態の鎮静化を待つしかない。

 その競馬は、来週末にいよいよ2021年最初のG1レースであるフェブラリーステークスが行われる。冬のダート王決定戦となるレースだが、残念ながら無観客開催が濃厚で、注目の激戦を現地で観戦することはできなさそうだ。

 しかし、テレビであっても競馬の魅力が色あせることはない。特に競馬の醍醐味である馬券は、むしろライブよりも自宅のほうが冷静に、そしてより正確な情報を活用して楽しめるだろう。まして今年のフェブラリーステークスは史上最大レベルの大混戦といわれており、かなりの高配当が見込めるレースとなること必至。過去に最低16番人気のコパノリッキーが勝利したこともあったが、当時のようなアッと驚くレースとなるかもしれない。

 そのフェブラリーステークスの前に行われる注目の重賞レースが、今週末の京都記念(G2)、共同通信杯(G3)、クイーンカップ(G3)。レースとしては3歳G1戦線につながる共同通信杯やクイーンカップも重要だが、フェブラリーステークスの資金稼ぎに最適で、かつ注目度が高いのは古馬のG2京都記念だ。

 昨年は、のちに宝塚記念と有馬記念を圧勝したクロノジェネシスが勝利したレースだが、今年は武豊騎手が東京優駿(日本ダービー/G1)優勝馬・ワグネリアンと初コンビを結成するなど、話題騒然。さらにカレンブーケドール、ラヴズオンリーユーなどの実績馬も出走を予定しており、4月4日の大阪杯(G1)へ向けて各馬がどんなレースを見せるか目が離せない。

 だが多くのファンは、この京都記念が難解なレースになることを感じているはず。なぜなら、今年は京都競馬場が改修工事で使えず、阪神競馬場で行われるからである。直線の長さや坂など、コース形態がまったく異なることもあり、過去のデータは通用しない。逆にいえば、配当妙味がグンと高まったわけで、ファンなら是が非でも的中させたいところだろう。そこで、この京都記念の万馬券的中を宣言している、驚異の万馬券的中集団である「暴露王」に注目してみた。

JRA京都記念、100万円獲得のチャンスも…フェブラリーステークスに向けた資金稼ぎ!の画像2
100万馬券を的中させるプロ集団とは?(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 暴露王は「年間300本の万馬券的中」を公約とする、業界最強と目される万馬券専門のプロ馬券師集団。昨年は最高配当119万馬券を筆頭に350本以上の万馬券を的中させるなど、その実力・実績は群を抜いている。

 今年もすでに33本の万馬券を的中させているが、大波乱となった日経新春杯(G2)では、勝利した7番人気のショウリュウイクゾを本命に、3連複・1122倍、馬単・1088倍の特大万馬券を的中。ファンからは、暴露王の情報を参考にして100万円以上の払い戻しを手にしたという声が多く届いたという。ほとんどのマスコミ本紙予想が大外れとなったレースだが、この的中に関して暴露王は、以下のように語っている。

「現在JRA(日本中央競馬会)はコロナウイルスの感染防止対策で、スポーツ紙や競馬専門紙などの競馬マスコミに対し、取材規制を徹底しています。騎手や調教師と密接な関係にない、サラリーマンレベルの競馬記者は取材時間も場所も限られており、表に出るマスコミの情報は、量も質も低レベルになっているといっていいでしょう。

 その影響で人気馬ばかりに取材が集中する傾向にあり、人気薄の伏兵をカバーする余裕がないのが現状です。結果として、多くの穴馬がその実力を評価されることなく埋もれてしまい、それらの馬が激走することで大波乱が続出しているのです。

 しかし暴露王が提携しているのは、取材規制の影響を受けることの少ない超凄腕の競馬記者たちばかり。なぜなら、彼らは競馬関係者とは家族のような付き合いであり、旧知の仲だからです。その信頼関係は、ほかの競馬記者とは比較になりません。

JRA京都記念、100万円獲得のチャンスも…フェブラリーステークスに向けた資金稼ぎ!の画像3
暴露王だから的中できた特大万馬券!

 そこで得られた本物の関係者情報こそが、今競馬ファンがもっとも必要とすべき穴馬情報なのです。この日経新春杯も同様であり、7番人気・1着のショウリュウイクゾと13番人気・2着のミスマンマミーアの激走情報を、ともに掴んでいたのは我々だけだったのではないでしょうか」(暴露王担当者)

 京都記念は京都競馬場から阪神競馬場へコースが替わることで、まず過去のデータは一切通用しない。そしてマスコミ各社の情報や予想が、取材規制の影響で信用できない。この2つの状況から導き出される答えは、今までのやり方では駄目だということだ。そして最適解は何かといえば、それは本物の情報を入手でき、実際に波乱となった重賞レースで高額万馬券を的中させた実績がある“プロの買い目”を参考にすること以外にない。

 つまり、この京都記念で万馬券を的中させたければ、京都競馬場から中京競馬場に替わり、大波乱となった日経新春杯で特大万馬券を的中させた「暴露王」の情報や買い目を参考にすることが、的中への最短距離なのだ。そして暴露王はこの京都記念に向けて、以下のように自信を見せている。

「粒ぞろいのメンバーが集まって世間の注目が高い重賞ですが、今年は中心となる馬もおらず波乱が期待できる状況にあります。万馬券専門サイトである暴露王は、人気馬ではなく穴馬から万馬券を的中させるのが信条ですが、このレースこそ条件に合致しており、非常に期待が高まっています。もちろん、配当は万馬券を想定していますよ。

 なお、この京都記念は多くの競馬ファンや初心者、そしてこれから競馬を始めたいと考えているファンにとって、フェブラリーステークスの資金稼ぎに最適なレースです。そこで、初めて暴露王を利用する方を対象に、3連単・3連複・馬連の3種馬券の完全予想、さらに穴馬情報を無料で公開します。ぜひ、この機会に本物の情報と万馬券予想を体感してください」(暴露王担当者)

 暴露王は前述した日経新春杯だけでなく、今年もすでに合計33本の万馬券を的中させている。そのなかには800倍や600倍といった高配当がズラリと並び、利用したファンは笑いが止まらない状態だ。そんな暴露王が万馬券的中に自信を見せる京都記念の【無料情報】は必見。マスコミの報道が人気馬に偏れば偏るほど、日経新春杯のように100万円を手にするチャンスがあるかもしれない。

 さらに、暴露王によれば「来週末のフェブラリーステークスも万馬券が狙える注目の一戦」とのことで、こちらも期待が高まっている。今週末の京都記念で万馬券を的中させ、さらに2週連続で勝利の美酒を味わいたい方は、利用してみることをオススメする。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!京都記念3連単・3連複・馬単・穴馬情報】暴露王

※本稿はPR記事です。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合