衝撃の検証結果…丸亀製麺「大」より、はなまるうどん「中」のほうが量が多く&低価格の画像1
「丸亀製麺」と「はなまるうどん」の店舗

 大手うどんチェーンの「丸亀製麺」と「はなまるうどん」。2000年創業の両チェーンは、いわずもがなライバル企業同士である。かつては店舗数で勝っていた「はなまる」を2009年には「丸亀」が超えるなど、お互いに追いつけ追い越せの熾烈な競争を繰り広げているのだ。

 そんな両チェーンについて、インターネット上では“「丸亀」の「中」をイメージして「はなまる」で「中」を頼むと、丸亀の「大」くらいの麺量が来て大変なことになる”と、まことしやかに囁かれているのだ。

かけうどんを徹底比較

 その噂を検証するため、筆者が実際に店舗に足を運び、「丸亀」の「かけうどん(温)」と、「はなまる」の「かけ(温)」を注文。両チェーンの違いをこの目で実際に確かめてみた。

衝撃の検証結果…丸亀製麺「大」より、はなまるうどん「中」のほうが量が多く&低価格の画像2
丸亀・並

 はじめに、「丸亀」で「並」を注文してみた。麺250g、300円(内容量は店員への直接ヒアリングに基づく/以下同)。かけうどん単品だとやや質素だが、余計な盛り付けがない分、うどん本来の食感を味わうことができる。やや薄味のダシもおいしい。

衝撃の検証結果…丸亀製麺「大」より、はなまるうどん「中」のほうが量が多く&低価格の画像3
はなまる・中

 次に、「はなまる」の「中」。麺440g、352円。前述の「丸亀」の「並」と比べると麺の量の違いは一目瞭然。たしかに、「中」というサイズ名に似つかわしくないほどの量の麺が入っている。

 味のほうも問題なくおいしいのだが、この量でトッピングなしだとさすがに変化のない味に飽きてしまい、これだけで食べきるには限界が……。ということで、天ぷらを追加注文し、おいしく完食した。

衝撃の検証結果…丸亀製麺「大」より、はなまるうどん「中」のほうが量が多く&低価格の画像4
丸亀・大

 では、「はなまる」の「中」に対抗して、今度は「丸亀」の「並」のもう一つ上のサイズである「大」を注文してみた。

 その内容量は、麺375g、410円。なんと、「丸亀」の「大」でもなお、「はなまる」の「中」の内容量のほうが多く、にもかかわらず、「はなまる」の「中」のほうが低価格なのである。

 こうして、実際に両チェーンのかけうどんを注文してみたところ、たしかにコストパフォーマンスでは、はなまるうどんが圧倒していた。

 さて、ここで両チェーンを比較しやすいように、かけうどんのサイズと価格を並べてみよう。

・丸亀:並250g(300円)、大375g(410円)、得500g(520円)

・はなまる:小220g(242円)、中440g(352円)、大660g(462円)

 こう見ると、サイズ表記の違いも顧客が受ける印象に影響を与えているのかもしれないが、それはそれとして、「はなまる」の麺の増加率は大きい。「小」サイズの内容量を基準に、「中」はその2倍、「大」は3倍と増えていく。一方で、「丸亀」はそうではない。1.5倍、2倍と増加幅は緩やかだ。

 また、「はなまる」は、昨年5月にかけうどんを全サイズ値上げしたのだが、それでもなお「中」以上の大きさであれば、「丸亀」よりおトクとなっている。

 しかし、なぜこのようにコスパに差が生まれるのだろうか。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合