メンタル不調の40代一人暮らし女性が心理カウンセラーに聞いた「上手なストレス解消法」の画像1
「gettyimages」より

「仕事をクビになった」「テレワークで夫婦仲が悪くなった」「女性の自殺が増えた」……これでもかというぐらい、ネガティブな報道を目にする。人々から仕事を奪い、家庭内の不和をつくってきたコロナ禍は、1日も早く終わってほしいものである。

 人間は悩みすぎるほど、悪循環のループから抜け出せなくなる。それを自覚した40代の女性は、簡単なことから日常を変えてみた。すると、自然とモチベーションが上昇し、自分が明るくなっていることを自覚したという。以下は、その女性が話してくれた言葉をそのまま記したリポートである。

ストレスフリーのはずなのに不調

 一人暮らしの私は、好きなときに好きなことをして、誰にも邪魔されない日々を過ごしてきた。それは快適で、本当に楽しい日々だった。昔からの仲間と好きなことに熱中しつつ、バーベキューをしてみたり、競馬にチャレンジしたり、憧れの田舎暮らしを実行すべく、いろいろな地方に足を運んでもみた。

 しかし、初めての緊急事態宣言から半年が経過した昨秋から、何となくストレスを感じ始めていた。はっきりと自覚したのは師走で、わけもなくイライラしている。当初は月の半分を過ごそうと思った地方行きも、都会人の訪問は迷惑ではないかと感じると、連絡をすることさえためらった。

 コロナ前は気軽に飲みに行けた。友人とも昼間にお茶をして、楽しい時間を過ごしていた。しかし、「夜8時以降の不要不急の外出自粛」という文字が目に飛び込んでくると、友人との食事=女子会も、なんとなく気が引けてしまうようになった。一人暮らしの私は家庭内感染などの心配はないが、友人の家族が感染したら大変だ。そう感じると、自然と連絡をしなくなった。

 数年前、会社の人間関係でストレスフルになったときのことが脳裏に蘇った。リモートワークになって通勤から逃れられ、煩わしい職場の人間関係によるストレスも確実になくなっている。ストレスフリーのはずなのに……何が違うんだろう。ふとしたときに気づいた。「そういえば私、人と話していない」。

 主婦の友達が多い独り身の私としては、リモートワークの旦那さんが家にいることでライフスタイルが変わった友人に、今までのように気軽に話そうとは思えない。やはり気が引けるし、相手も気兼ねするだろうと推測してしまう。遠慮して話すタイミングを失った結果、こちらのストレスが蓄積されてくる。

「私は人と話すことで自分のことを鑑みて前に進むタイプで、話してない今は自分の考えに固執するか、変に独りよがりになっている。とても嫌だ」

 こんなことをパソコンに書いたとき、SNSを始めようかとも思った。上辺だけで素性を知らない友人との自然な会話なら気兼ねしないが、それをする気力すら沸いてこなかった。

 beforeコロナもさびしさはあったが、人と会えないことはなかった。今思うと、誰かと会うことで温もりを感じ、ひとりでいるときのさびしさを紛らわしていたのかもしれない。職場に嫌な同僚がいても、人と人の中にいるだけで安心感があった。そう感じるほど、落ちていた。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合