NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第35回

「近藤真彦・不倫」はなぜ報じられたか…崩壊するジャニーズ帝国とメディアコントロール

芸能吉之助(現役芸能プロマネージャー)

geinou  どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 昨年末で嵐が活動休止に入ったかと思えば、今年に入ってから「ジャニーズJr.の22歳定年制度」を導入することを発表したりと、相変わらず話題にこと欠かないジャニーズ事務所。ちなみに22歳定年制度は、ジャニーズ事務所副社長で、ジャニーズJr.(以下、Jr.)の育成を担当するジャニーズアイランド社社長・タッキーこと滝沢秀明氏による施策だといわれています。

 Jr.時代から絶大な人気を誇っていたものの、2018年に惜しまれつつも表舞台から去ったタッキーですが、彼がマネージメントに回ってからは、正式デビュー前のJr.がバラエティやドラマに出る機会が増えています。その反面、マスコミに狙われてスキャンダルが発覚し、処分を受けたり退所という選択をしたりするJr.も目に付くようになりました。

 なかでもインパクト大だったのが、Jr.内の人気ユニット「宇宙Six」に所属していた山本亮太くん。彼は昨年10月に“闇スロット通い”という、さわやかさがウリのジャニーズとはかけ離れたダーティすぎるスキャンダルが「文春オンライン」で報じられ、ジャニーズ事務所を退所しています。

 Jr.として19年も活躍しファンの歓声を浴びていた彼が、プライベートでは闇スロットの常連というダークサイドの住人だった……というのは、まるで裏社会系マンガの設定のようです。ただ、吉本興業の“闇営業問題”が大きな波紋を広げたように、いまや芸能界において反社会勢力との付き合いは基本的にタブー。こうした問題が二度と起きないように、ジャニーズ事務所もタレントの教育にはかなり力を入れているようです。

 昨年12月に「女性自身」(光文社)で報じられた、ジャニーズ事務所が全所属タレントに対する薬物検査を実施……というのもその一環でしょう。ここ数年、伊勢谷友介くんや沢尻エリカさん、ピエール瀧さんなど、芸能界で薬物逮捕者が増えていますし、田口淳之介くんや田中聖くんといった元ジャニーズも大麻所持の疑いで逮捕されていますから、ジャニーズ事務所が注意深くなるのも当然といえば当然。加えて、2019年7月にジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏が亡くなってから、一部で「ジャニーズ事務所の体制が崩れた」「退所者が続出している」などといわれていることもあり、徹底的に事務所内のクリーン化を図っているのかもしれませんね。

SMAP独立騒動あたりから、すでに“崩壊”が始まっていたジャニーズ事務所

 確かに、ジャニー喜多川氏が現役だった頃は「ジャニーさんがいるから辞めない」というタレントがたくさんいて、彼の死をきっかけに「いなくなったからもう辞める」というメンバーもいました。例えば、中居正広さんはSMAP解散後もしばらくジャニーズ事務所に在籍していましたが、それはジャニー喜多川氏に対して恩を感じていたからこそで、ジャニー喜多川氏が亡くなって事務所の幹部が代替わりしたタイミングで独立しています。“ジャニー喜多川氏の最高傑作”ともいわれている少年隊のメンバー、錦織一清さんと植草克秀さんも、彼の死をきっかけに退所を申し出たそうです。

 とはいえ、ジャニーズ事務所はジャニー喜多川氏が亡くなるだいぶ前である、SMAP独立騒動あたりからすでに崩壊していたように思います。SMAPの解散は誰がどう見ても“何かあった”と思わせるようなものでしたし、そもそもの発端はメリー喜多川氏と当時SMAPの敏腕マネジャーだった飯島三智氏が社内分裂したこと。社内で解決すべき問題だったはずが、彼女たちの溝は広がっていくばかりで、最悪の結末を迎えてしまった。

 加えて、Hey! Say! JUMPやKis-My-Ft2、Sexy Zoneなど、デビューから10年ほど経つ中堅グループは、年齢的に“ポストSMAP”、“ポスト嵐”となってもおかしくなかったはずが、国民的人気を誇っているとはいい難い。ここ数年、ゴタゴタ続きだった状況を、タッキーと社長のジュリーさんが中心となって必死に立て直している最中……と見るほうが、むしろ正確でしょうね。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合