ビックカメラで見つけた冬の睡眠アイテムワースト5!電気代がかさむ、効果に疑問符の画像1
ビックカメラ.com | ビックカメラの公式通販サイト」より

 新型コロナウイルスの影響で人々の暮らしが大きく変わる中、以前と比べて睡眠の質の悪化に悩まされる人が増えているという。こうした状況を踏まえて、大手家電量販店のビックカメラでは、例年以上に快眠グッズや寝室環境を整える商品に力を入れているようだ。

 今回は、こだわりが詰まった商品を取り揃えるビックカメラの中でも、とりわけ個性が強く、うまく使いこなすのがちょっと難しい睡眠促進グッズをピックアップしてみた(各種情報は調査時点、価格は税込み)。

ふとんコンディショナー futocon/10万7800円

 厳しい寒さが襲う今の季節、温かい布団で眠る気持ち良さは格別だ。この商品は、ベッドや敷布団の上に敷くことで布団の中を睡眠に適した温度(33℃前後)に調整し、深い眠りを実現してくれるという優れもの。布団の中を一定の温度に保つことで、夜中に目覚めることを防ぐ効果もあり、眠りが浅くて悩んでいる人にはうってつけの商品だ。

ビックカメラで見つけた冬の睡眠アイテムワースト5!電気代がかさむ、効果に疑問符の画像2

 多くの利点を持つ本商品だが、オールシーズン活躍するアイテムでもないため、約10万円という高価格が気になる人は多いだろう。また、毎日使用すると、ひと月で約1500円もの電気代がかかるので、家計に与えるダメージも少なくない。さらに、稼働音も小さくないため、神経質な人は気になって眠れない可能性も。布団の中を快適な温度に保つという点では素晴らしい機能を誇るが、購入を尻込みさせる点も多い商品だ。

電気ストーブ ハロゲンヒーター/3280円

 布団の中の温度と同じく、寝室の温度を暖かく保つことも快適な眠りには欠かせない。速暖性に優れているこの商品を使えば、さほど広くない寝室なら10分も経たずに部屋全体を暖めることができる。

ビックカメラで見つけた冬の睡眠アイテムワースト5!電気代がかさむ、効果に疑問符の画像3

 しかし、速暖性に優れる半面、部屋を急速に乾燥させてしまうという弱点を併せ持っている。暖める力が強力な分、かかる電気代も暖房器具の中では高い部類に入る。自宅で過ごす時間が多いコロナ禍において、消費電力の大きさは看過できないネックポイントだ。

 また、稼働中は懐中電灯のような強い光を発し続けるため、眠りを妨げる要素に。タイマー機能も備えていないため、つけっぱなしで眠るのも心配で、寝室での利用にはあまり向いていない商品と言えるだろう。

加湿器 どこでもモイスチャー コスモス/1180円

 冬に快適な寝室環境をつくる上で、乾燥対策はマスト。この商品は、水を入れたグラスに差して置くだけで、電気を一切使わずに部屋の加湿が可能である。ポリエステル特殊不織布という材質を用いており、自然蒸発量の約10倍の勢いで水蒸気を発するのが特徴だ。

ビックカメラで見つけた冬の睡眠アイテムワースト5!電気代がかさむ、効果に疑問符の画像4

 電気を使用しないため、地球に優しいアイテムだが、肝心の加湿機能は強力とは言い難い。就寝中に乾燥で喉が渇いて目が覚めてしまったり、起床時に肌や唇がガサガサになってしまったりする人が、寝室環境の改善のために利用しても、残念ながら大きな効果を期待することはできないだろう。

 生花を模したおしゃれなデザインでインテリアとしても機能するため、メインの加湿器を用意した上で、その補助として使うのが得策かもしれない。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合