スシローが定期的に開催している「てんこ盛り祭」も、大切りにしたネタやたっぷりと盛りつけられたネタによって、視覚的に通常の商品との違いを伝える工夫なのだという。

 スシローに大きく差をつけられてしまったくら寿司だが、今後巻き返しを図ることはできるのだろうか。

「くら寿司は『安心・美味しい・安い』をコンセプトとして掲げるほど安さに強いこだわりがあるため、今後も1皿100円の縛りは変えないと思うのですが、このままだとスシローとの差はどんどん開いていくでしょう。

 ですが、1皿100円を守るために小さめの商品を出したとしても、食材に対するこだわりをお客さんが納得できる形で伝えることができれば、高い満足度を与えることもできるはず。『美味しい』と『安い』をいかに両立させるか、それをターゲットである今の子育て世代にどう伝えるかというところに、これからくら寿司が伸びていくための鍵があるのではないでしょうか」(重盛氏)

 過酷な回転寿司チェーン同士の生存競争のなかで、それぞれ独自の魅力や強みを作り出していったスシローとくら寿司だが、今その違いが売上の面で大きな差を生み出している。激動の外食業界のなかでスシローとくら寿司がこれからどのような戦略を打ち出し、それをいかにして“伝える”のか注目したいところだ。

(文=佐久間翔大/A4studio)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合