生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

いまだに続くコロナ渦で、マスクの着用はもはや日常となった日本。そんな中、iPhoneユーザーがとくに不便に思っていることが一つある。そう、マスク着用時にiPhoneが「Face ID」を全然読み込んでくれないことだ。つまり、ロックを解除してくれない。そんなiPhoneユーザーたちの要望が日々寄せられる中で、アップルが新しいアップデートを発表。新しいアップデートでは「Apple Watch」と連動させることでiPhoneのロック解除が少し容易になるということだ。Apple Watchへの期待と需要が高まっているように見受けられるので、この流れを追いたいと思う。

Apple Watchに流行の兆し?

 あらめて、アップルが米国時間2月1日「iOS 14.5」の開発者向けベータ版をリリースした。次のアップデートとなる同OSでは、「Apple Watch」と連動させることで、新機能「Unlock iPhone with Apple Watch」が起動し、マスク着用時に「iPhone」のロック解除が容易になる見通しだ。この機能の内訳はこうだ。まず、顔認証機能の「Face ID」を…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合