生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

コロナ禍であっても、比較的影響が少なかった回転寿司業界。業界トップの「スシロー」は2020年9月期の売上げは過去最高を記録、第2位の「くら寿司」も同年10月期の国内売上げが過去最高となり、どちらも2021年には新規店舗の出店ラッシュと好調なようす。一方、かつては業界トップに君臨しながら、現在は「はま寿司」に続く第4位の座に甘んじている「かっぱ寿司」も改革に乗り出し、生き残りと首位奪還をかけた熾烈な争いに一石を投じる構えだ。
はたたしてかっぱ寿司はどう生まれ変わるのか。その動きに注目が集まっている。

古い企業体質を刷新、新しい風を。次々と打ち出す新戦略

 かつては業界1位だったかっぱ寿司がスシローに首位の座を明け渡したのは、2011年のこと。その後次々とくら寿司とはま寿司にも抜かれ、あっという間に業界内で“負け組”とまで言われかねない存在となってしまった。凋落の要因となったのは、安さを追い求めるあまり寿司の質が担保しきれておらず、「おいしくない」というイメージが定着してしまったためであった。  他社に比べ品質の悪さを認めたかっぱ寿司は、2016年から再起をかけたリブラ…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合