生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

コロナ渦によるおうち時間の過ごし方でSNSを触る機会が増加した人も多いと思われるが、TikTokを欠かさず見ているという30代サラリーマンははたしてどのくらいいるだろうか。たとえば近い将来、30代サラリーマンが、新卒社員にYouTubeの話題を振ったら「YouTubeなんてもう古いですよ」と言われてしまうかもしれない。「YouTubeの流行にもついていけていなかったのに、もうTikTokが当たり前になっているなんて…」と、さらなるジェネレーションギャップに傷つく時代がすぐそこまで来ている予感だ。Z世代と呼ばれる彼らのTikTokに関連したデータが興味深かったので、見てみよう。

TikTokで毎日240本以上の動画閲覧

 ”ジェネレーションZ世代”(1995年以降生まれの若年層)を対象としたシンクタンク組織のZ総研がZ世代のTikTok事象に関する調査を発表している。1990年代後半~2000年生まれの「Z世代」をインターネットにて(全国、12〜15歳299名、16〜18歳387名、19〜22歳84名、23歳〜25歳10名)計女780名を調査したようで、TikTokに関す…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合