ゆきぽよ、今度はデザイン盗用疑惑で苦境深まる…中国の工場が横流しか既製品混入?の画像1
「noalice」公式サイトより

 タレントの「ゆきぽよ」こと木村有希に、たて続けにトラブルが起きている。

 まずは1月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、知人男性がゆきぽよの自宅で違法薬物を使用して昏睡状態に陥り逮捕され、有罪判決を受けていたと報じた。さらに、ゆきぽよ自身も警察から薬物検査や自宅の強制捜査を受けたという。ちなみに、彼女自身は身の潔白が認められたという。

 その男性は以前にも振り込め詐欺の指南役として逮捕されたことが明らかになっている。ゆきぽよは、過去に交際していた5人のうち「4人が捕まっている」と明かしていたが、黒い交友関係がクローズアップされることになった。

 その影響からテレビ各局がゆきぽよの起用を見合わせ始めたなか、今度はゆきぽよがプロデュースを手掛けているブランド「noalice by ryuyu」に、デザインの模倣疑惑があがった。

「週刊新潮」(2月11日号/新潮社)は、「noalice by ryuyu」の商品のうち何点かのデザインが他の通販サイトで扱われているものに酷似しているとの指摘があると報じた。ゆきぽよ本人は、自身が手掛けたデザインが生産工場を通して横流しされたのではないかと主張。所属事務所も、ゆきぽよ本人のデザインに間違いないと説明しているという。

「noalice by ryuyu」は模倣疑惑の商品について公式サイト上で、「 弊社が送ったデザインイメージで、サンプル制作を進めていく上で、既に工場で以前生産したことのある既存品が混在した可能性」、もしくは「弊社以外にも他企業からの問い合わせや生産依頼が多くあり、同じものを生産し他企業に販売してしまった可能性」があると釈明し、該当商品については回収・返金対応をすると発表している。

 つまり、生産工場がゆきぽよデザインの製品を横流ししたか、既製品と混在させるミスを起こしたためである、というわけである。実際のところ、中国の工場ではこうした問題が起きやすいのだろうか。中国のアパレル工場の事情に詳しいアイディアネーション株式会社代表取締役の室橋東洋氏に話を聞いた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合