ロンドンブーツ1号2号田村淳(47)による「聖火ランナー辞退」が話題だ。ことの発端は、“元失言総理”としても有名な森喜朗東京五輪・パラリンピック組織委員会会長による女性蔑視発言。森氏は2月3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会において、「女性がたくさん入っている会議は時間がかかる。誰かが手を挙げるとみんな発言したがる。競争意識が強い」などと発言し、大炎上したのだ。

 加えて森氏は、聖火リレーに関しても「人気タレントは人が集まらないところで走ったらいいんじゃないか。誰かが、田んぼで走ったら一番いいんじゃないか(と言った)」と発言。これに対し田村は、「農家の方に失礼だし、人を集める必要がないのであればタレントは身を引くべき」と自身のYouTubeでコメント。さらに田村は、自身が愛知県犬山市で聖火ランナーとして走る予定だったものを辞退した……というわけだ。

 これに対し犬山市の山田拓郎市長は、「本人の気持ち、判断を尊重します。観光特使としての関係は続くので、新型コロナが落ち着いたらまた犬山で面白いことをやりたい」とコメントし、理解を示しているというが……。

 ある週刊誌の記者はこう語る。

「五輪関連でもいずれはやると思ってましたが、森会長の失言癖がやっぱり出ちゃいましたね。森さんはそもそもサービス精神が旺盛な人で、人前に立つとついつい面白おかしく言いたくなる人。政界の重鎮だし高齢だし……で誰もいさめられないため、こうした問題が起こるのも時間の問題だったように思います。むしろ、今までよくもったというもんですよ。

 淳さんが怒るのも当然だし、タレントのなかで先んじで辞退を表明したのも彼らしくて立派。ただ、淳さんは『タレントは田んぼでも走っとれ』とも取れるこの発言だけに怒ったのではなく、『どんな形であれオリンピックをやるんだという姿勢に賛同しかねる』ということ。普通に考えて、これはいまの日本国民の総意でしょうね。若くからテレビという巨大メディアの第一線で活躍し続けてきた淳さんだからこその、いまの日本の“空気を読んだ”力強い言葉だと思います。これで、逆にほかの芸人さんやタレントさんは走りづらくなってしまいましたよね」

月額3800円のオンラインサロンには、小室哲哉や入江慎也がゲストで登場

 そんな田村は『グッとラック!』(TBS系)にレギュラーコメンテーターとして毎朝出演する一方、自身のYouTubeやオンラインサロンなども手掛け、忙しい日々を送る。

「『グッとラック!』の楽屋での一幕や、番組で話し足りなかったことをYouTubeで配信したり、番組内でおこなった西野(亮廣)さんとの対談をオンラインサロンでも流したり。“田村淳に捨てるところなし”というか、毎日ワイドショーに出ているからこそ得られる素材のすべてを無駄にしない……という姿勢が見事。

 オンラインサロン『田村淳の大人の小学校』のほうは、会費が月額3800円(税別)で、小室哲哉さんや元芸人の入江慎也さんなどをゲスト講師として招いたりと、テレビではできないことを淳さんの人脈をもってやっている印象。安易に規模を求めないことを標榜しており、多くとも会員数1000人ぐらいで止めたいそうですね。

 なので、会員数8万人を誇るキングコング西野さんのオンラインサロンのようなタイプのビジネスではなく、あくまでも“ディスカッションの場”として考えているようです。淳さんはこのオンラインサロンを立ち上げる際、『実は政治家になりたい』という思いも吐露していましたが、あながち冗談ではないと思いますよ」(前出の週刊誌記者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合