長瀬智也「ADを病院送り」をドラマのプロレス関係者が否定「こんなことあるわけない」の画像1
『俺の家の話』公式Twitterより

正解のないWEBマガジン〜wezzyより】

 長瀬智也が主演ドラマの撮影中にADを“病院送り”にしたと報じられ、ネットで騒ぎになっている。

 現在放送中の主演ドラマ『俺の家の話』(TBS系)で、父親の介護をするために実家に戻ったプロレスラーを演じている長瀬。役作りのために肉体改造をし、劇中では迫力満点のプロレスシーンを披露した。

 しかし、その撮影中に関係者が騒然となる出来事があったと、9日発売の「週刊女性」2月23日号(主婦と生活社)が報じている。それによると、長瀬がプロレスシーンの撮影に備えて、ADにプロレス技をかけてカメラ写りをチェックした際、ADが受け身に失敗して体の痛みを訴えたとのこと。長瀬は負傷して歩けないADに肩を貸して安全な場所まで移動させるなどの気遣いをみせていたそうだ。その後、ADは病院に行ったが大事には至らなかったと伝えられている。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合