レスリング協会、クーデター再燃か…覇権狙う「日体大」派閥、会長職めぐる魑魅魍魎の画像1
レスリング協会の高田理事(中央)と福田会長(右)

 2010年から約3年間、レスリング日本代表のコーチらに国から配られた助成金などの一部を、強化委員会に寄付させていた「キックバック問題」。日本レスリング協会は1月27日にオンラインの臨時理事会を開き、当時の責任者だった高田裕司専務理事(副会長兼務)の専務職と副会長職を解き、理事職に降格する処分を決めた。「不適切な目的外使用だが高田氏の私的流用はなかった」とされ、進退を理事会に一任していた高田氏は「ご迷惑をおかけしました」と処分を了承した。同職の後任については福田富昭会長に一任し、16人のコーチに寄付させた総額1400万円は国に返還する。

 強化委員会は2010年~12年の間、代表コーチに国から払われた謝金・助成金の一部を委員会の口座に振り込ませていた。使途は海外のオリンピックでの記念品の購入や、海外遠征の慰労会費、外国のコーチが来日した時の懇親会や担当記者との懇親会など。新聞社、放送局などの記者たちも接待されていた。

「寄付」は高田氏の発案とされたが、振り込み先が協会ではなく事実を知らない役員も多かった。知っていた役員も「コーチ間の互助会的な性格」と判断して日本オリンピック委員会(JOC)に申告していなかった。「キックバック金」はJOCと日本スポーツ振興センター(JSC)に返還するが、閉会後のリモート会見で共同通信の記者が「コーチに返すべきでは」と尋ねていたが、正論だ。了承して寄付していたコーチもいれば、不満だったコーチもいるはずだが、あとはコーチたちの判断だ。

 新聞報道では高田氏が不適切なことをして処分されたというだけの印象だが、栄氏のパワハラ騒動と同様、「10年近く前のことが、なぜ今さら」と不思議だ。最近のアマチュアレスリング界を少し振り返れば、「魑魅魍魎の蠢き」が通奏低音となって響いてくるのだ。

不可解な「告発状」

 キックバック問題は、関東地方の高校でレスリング指導をしているA氏が昨年春、協会とJOCに送った一通の「告発状」が発端だ。告発状では、自分も含めコーチたちは高田氏に強制的に「寄付」名目で金を取られ、「高田氏は妻の東京でのマンション代に充てた」など「私的流用」が並べられ、高田氏は「とんでもないいがかり」と怒っていた。

 ところが別の動きが出てきた。今回の臨時理事会と前後して、全国高体連レスリング専門部の原喜彦副理事長が「A氏にジュニアコーチの謝金を振り込まされていた。おかしいのはA氏のほう」などと主張し、実態を調べるように協会とJOCに「公益通報」したのだ。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合