JRAフェブラリーステークスに麒麟がくる?万馬券のカギは関西馬の「勝負遠征情報」の画像1
フェブラリーステークスに麒麟がくる?

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が2月7日に最終回を迎えた。長谷川博己演じる明智光秀の生涯を描いたこの作品は、最終話に平均視聴率18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、まさに有終の美で締めくくったといえるだろう。

 光秀の生誕は諸説あるものの、関西を拠点に戦国時代を駆け巡った名将であったことは言うまでもない。その光秀が居城としていた坂本城は、滋賀県・琵琶湖のほとりにある。そして『麒麟がくる』で最後の舞台となった本能寺は京都にあり、戦国時代は関西を中心とした物語でもあった。

 時は現代に移ったが、この時代も関西の勢いと存在感は止まらない。特に競馬においては、関西馬が関東馬を圧倒。昨年、無敗のクラシック三冠を達成したコントレイル、無敗の牝馬三冠を達成したデアリングタクトは、ともに関西馬。そしてこの週末に行われるフェブラリーステークス(G1)もまた、関西馬が圧倒的な強さを見せつけているレースだ。

 フェブラリーステークスの過去10年だけを見ても、関西馬が9勝、2着8回、3着10回と、馬券に絡んだのべ30頭のうち28頭が関西馬で、関東馬はわずか2頭しかいない。さらに遡っても、関東馬が勝利したのは2000年以降でも1頭のみ。つまりこのフェブラリーステークスは「圧倒的に関西馬が強い」のである。

 しかも、前哨戦の出走馬を見てみると、東海ステークス(G2)は15頭中11頭、根岸ステークス(G3)は16頭中14頭が関西馬だ。この2レース合わせても、関東馬は4分の1以下のたった6頭しか出走していない。そしてこの2レースとも優勝馬は関西馬。つまり今年のフェブラリーステークスも関西馬が中心であり、馬券を買ううえでも重要な存在なのは明白。では、どの関西馬を買えばよいのだろうか。

JRAフェブラリーステークスに麒麟がくる?万馬券のカギは関西馬の「勝負遠征情報」の画像2
昨年も関西馬のモズアスコットが優勝

 現在、日本中央競馬会(JRA)は新型コロナウイルスの感染防止対策で取材規制を行っており、スポーツ紙や競馬専門紙の情報は当てにならない。加えてG1の勲章がかかったこの大一番で、関係者がペラペラと本音や騎乗作戦を外部に話すとも思えない。そんな状況で正確な関西馬情報を入手する方法は数少ない。そのひとつが、関西馬情報のプロフェッショナルとして君臨する「チェックメイト」を利用することだ。

 このチェックメイトは関西の元競馬関係者が中心となって活動し、実際に栗東トレーニングセンターと目と鼻の先に拠点を置いて情報収集活動を行っている。そして騎手として東京優駿(日本ダービー/G1)を制し、調教師として優駿牝馬(オークス/G1)を制する偉業を達成した清水久雄など、業界内で誰もが知る超大物関係者を筆頭に、多数の情報網が在籍している。その規模は【騎手関係・厩舎関係・馬主関係・牧場関係・外厩関係】など、さまざまなルートに精通しているスペシャリストばかりだ。しかも、昨年秋から新たな情報網が加わり、まさに盤石の態勢となっている。既存のマスコミとの差は歴然だ

 そんなチェックメイトが語るフェブラリーステークスの関西馬情報は以下の通り、まさにこれぞレースの核心といえるものだ。

「過去10年のフェブラリーステークスでは、1番人気の関西馬が5勝しています。その一方で、7番人気のテスタマッタや、16番人気のコパノリッキーといった人気薄関西馬も勝っていますし、昨年最低人気で2着だったケイティブレイブも関西馬。つまり、馬券で勝つためには“本物の関西馬情報”が必要不可欠となります。

 フェブラリーステークスは東京競馬場で行われるため、関西馬は関東への遠征となります。その東京遠征に、どれほどの本気度があるかも重要なポイント。チェックメイトは、それらの関係者の本音を徹底的に把握しており、今年も関西馬の勝負遠征情報で3連単・5万8270円の万馬券など、多くのレースで的中させてきました。どの馬が勝負の関東遠征なのか、本物の情報を独占入手できるがチェックメイトの強みです。

 そして今年のフェブラリーステークスでも多数の関西馬が勝負の遠征に出るようですが、チェックメイトが掴んだ情報では“ある関西馬の1強”といえます。その陣営からは、

『ここに来て馬が充実してきた。東京コースもベストといえる舞台なので、普通に走れば勝てるでしょう』

と、勝利宣言とも受け取れる強気のコメントを入手しています。さらに伏兵扱いされている某関西馬の陣営からも、

『近走は結果が出てないけれど、敗因はハッキリしている。馬のほうはこれまで力を出し切っていなかったので、本番に向けてグングン調子を上げています。人気はないけれど、密かに一発狙っていますよ

という穴馬の激走情報も入手。レース当日は人気薄濃厚ですが、それでも上位に食い込む可能性は十分あるとみています。

 今年のフェブラリーステークスは、ここ数年と比較しても大混戦必至といえる状況。かなりの配当が見込めるでしょう。そして今年最初のG1レースということもあり、競馬をさらに盛り上げるのに最適なレースといえます。

 そこで初めて当社を利用される方を対象に、我々の最終結論であるフェブラリーステークスの3連単勝負買い目を【無料で公開】することになりました。馬券で勝ちたいという方はもちろん、本当の情報を味わってみたいとお考えの皆様に、ぜひ体験してほしい情報です。

JRAフェブラリーステークスに麒麟がくる?万馬券のカギは関西馬の「勝負遠征情報」の画像3
チェックメイトの関西馬情報で、こんな的中が毎週のように発生している

 そしてフェブラリーステークスが終了すれば、本格的な春競馬に突入します。しかも今年は、5月に行われる天皇賞(春)まで約3カ月間も阪神競馬が開催されます。阪神競馬は、チェックメイトにとってお膝元といえる場所で、昨年も重賞レースのフィリーズレビューで3連単・11万9820円などの高額万馬券を数多く的中させた得意のコース。

 今年も阪神の勝負情報をはじめ、数多くの馬券につながる勝負話を入手しています。なかには10万馬券が期待できる情報まで含まれていますので、フェブラリーステークス以降もぜひチェックメイトの関西馬情報にご注目ください」(チェックメイト担当者)

 チェックメイトは独自の情報ルートで、マスコミでは不可能な人気薄関西馬の激走情報を数多く入手することができる。その実績は凄まじく、マスコミ無印の人気薄関西馬の激走で今年も数々の万馬券を仕留めている。そのチェックメイトが的中に自信を持つフェブラリーステークスの「無料関西馬情報」は、何を差し置いても入手すべきだろう。

 光秀の居城だった坂本城のすぐそばにある栗東トレーニングセンター。この週末、フェブラリーステークスに関西から“麒麟がくる”かもしれない。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!フェブラリーS・3連単勝負買い目】チェックメイト

※本稿はPR記事です。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合