「女性社員が働きやすい」アルペン会長、強制わいせつ容疑で逮捕…女性管理職も多数で先進的の画像1
アルペングループ公式サイトより

 スポーツ用品販売大手「アルペン」(名古屋市)代表取締役会長の水野泰三氏(72)が、女性(42)に対する強制わいせつ致傷などの容疑で愛知県警に逮捕された。水野氏は犯行を否認しているものの、同社は逮捕報道を受けた12日、水野氏の代表取締役会長職辞任を発表した。新型コロナウイルス感染症が拡大する中でも、「密になりにくい」ゴルフ用品の売上増もあって、業績回復が予想されていただけに同社従業員らに衝撃が広がっている。

 12日、アルペングループのIRサイトでは「代表取締役の異動(辞任)に関するお知らせ」と題するニュースリリースが発表された。リリースによると水野氏から、代表取締役会長辞任の申し出があり、取締役会が受理したという。そのうえで「当社といたしましては、今回の件を厳粛に受け止め、コンプライアンスの強化に努めながら、お客様、株主の皆様、お取引先企業様、ならびに当社グループに関係する全ての方々の信頼を回復していけるよう、今後も努力してまいります」とコメントした。

事件内容をめぐり錯綜する報道

 12日に公開された読売新聞オンラインの記事『女性に暴行の「アルペン」会長、出会い系カフェで当日初対面か』によると、水野氏は昨年11月29日午後、名古屋市の出会い男女の出会い目的のカフェ型店舗で女性と会い、同市中区の宿泊施設内で、女性に暴行を加えた上でわいせつな行為をし、首や腰などに3週間のけがを負わせ、現金10万円と運転免許証を盗んだ疑いが持たれているという。

 その犯行の態様に関しては東海テレビ公式サイトが11日に公開した記事『ホテルで現金渡した相手女性と「金額」で揉めて暴行か…逮捕のアルペン会長 強制わいせつ致傷等の容疑否認』が詳しい。同記事を一部引用する。

「警察によりますと、水野容疑者は去年11月、名古屋市中区の宿泊施設で女性(42)の背後から首を絞め、押し倒して馬乗りになり両腕をねじるなどしてケガをさせた上、体を触るなどのわいせつな行為をし、現金10万円と運転免許証を盗んだ疑いです。

 女性は腰をねんざするなど全治3週間のケガをしました。

 水野容疑者は調べに対し、『女と口論になり揉み合いになったが、暴力はふるっていないし、わいせつなこともしていないし、金も盗んでいない』と容疑を否認しています」

 ただ水野氏がどのように女性と知り合ったのかに関しては情報が錯綜しているようだ。東海テレビは11日、上記とは別の記事『マッチングアプリで知り合う…逮捕のアルペン会長 ホテルで女性に現金渡すもその金額を巡りトラブルか』を公開。「女性とはマッチングアプリを通じて知り合い、2人でホテルに入ったことが捜査関係者への取材で新たにわかりました」と報じていたのだが、この記事は12日午前11時までに非公開になった。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合