NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

作曲家はなぜモテる?女性の心をつかむ究極の武器、花束代わりに作曲してプレゼント

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, , ,

作曲家はなぜモテる?女性の心をつかむ究極の武器、花束代わりに作曲してプレゼントの画像1
「Getty Images」より

「ひとつの恋愛が終わると1曲、作曲する」と言っていたのは、ある作曲家です。それらがすべて素晴らしい作品なので褒め讃えると、「そうでもして元をとらないとね」との答えで、凄いなあと感心しました。

 実は作曲家は結構モテるのです。作曲家からラブレター代わりに1曲プレゼントされたと、ある女性の友人から聞いたこともあります。花束の代わりに、好きになった女性だけのために作曲してプレゼントする。もらった女性も、嫌な気持ちにはならないと思います。それが名作かどうかは関係なく、作曲家はものすごい武器を持っているといえます。

 本連載でも書きましたが、生涯結婚しなかったベートーヴェンやブラームスがまったく女性にモテなかったわけではなく、彼らもそこそこ恋愛を繰り返しているんです。『美しく青きドナウ』を作曲したヨハン・シュトラウスや、ドイツ歌劇の第一人者リヒャルト・ワーグナーなどは、プレイボーイだったといわれています。

シューマン、『ピアノ・ソナタ第1番』で彼女の心を鷲づかみ

 音楽で女性の心を掴んだといえば、ドイツ・ロマン派の巨匠で、高校の音楽教科書にも載っている『流浪の民』の作曲家、ロベルト・シューマンでしょう。ピアニストを目指していた彼は、師匠ヴィークの娘であるクララと恋仲になってしまいます。このクララは少女時代から天才ピアニストとして有名で、ヴィークの自慢の娘でした。シューマンが弟子入りした時、クララはまだ9歳でしたが、すでにピアニストとして大きな話題になっていたのです。

 彼らがお互いを意識し始めた時、シューマンは26歳、クララは16歳。指の故障でピアニストの道を断念せざるを得なかったシューマンに引き換え、クララはスター街道まっしぐら。ヴィークはシューマンに対して「クララはコンサート・ピアニストとして育てたのであって、主婦にするつもりはない」と告げ、交際に大反対。その後、街でシューマンとすれ違った際に、暴言を吐くだけでなく、顔に唾を吐きかけたり、急に平手打ちにしたりするほどでした。

 さすがにクララも参ってしまってシューマンとの結婚をあきらめようとしたとき、シューマンは最大の武器を使うのです。それは『ピアノ・ソナタ第1番』。この記念すべき最初のピアノ・ソナタを捧げることにより、ピアニストであるクララの心をしっかり取り戻したのです。

 その後、ヴィークを相手取り、訴訟にまで発展。そして、シューマンとクララは無事幸せに結婚し、なんと8人もの子供に恵まれたのですが、シューマンを中傷したとして名誉棄損で訴えられたヴィークは、なんと禁固2週間の判決を受けるという落ちまでついています。ヴィークは、大作曲家シューマンとクララの結婚を反対した頑固な父親として、後年語り継がれることになったわけですが、僕も娘を持つ父親なので、ちょっぴり同情します。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合