ビートたけし、明石家さんま、松本人志は誰が最初に引退するのか?萩本欽一との因縁の画像1
ビートたけし

 伝説のコメディアン“欽ちゃん”こと萩本欽一(79歳)に異変が起きたのは、2月6日の『欽ちゃん&香取慎吾の第98回全日本仮装大賞』(日本テレビ系)の放送中だった。

「ある常連出場者が作品を披露したときのことでした。萩本は『今回でね私、この番組終わり。おしまい』と衝撃の“降板”宣言をしたのです。さらに、これまでの番組を盛り上げてきてくれた出場者に向かって『本当に長い間ありがとう』と頭を下げました。これを聞いた審査員たちは、困惑というより、何を言っているのかわからないといった表情で欽ちゃんを見つめていました。直後に数社がネットニュースで報じて、すぐに話題となりました」(芸能ライター)

 萩本は次々回の100回を機に勇退し、共同司会の香取慎吾にその座を譲ると見る向きもあるが、いずれにしても放送中にサラッと降板をほのめかすというのは、いかにも萩本らしい。今回は、そんな芸人の引退事情を探ってみよう。

欽ちゃんに引導を渡したビートたけし

 芸人人生の後半は、とにかく人を傷つけない笑いを提供してきた萩本。そんなスタンスに終始異議を唱えてきたのが、萩本より5歳年下のビートたけし(74歳)だ。

「『笑いは差別から生まれる』を信条とするたけしは、優しい笑いを求める萩本に“引退した方が良い”と、週刊誌を通じて長年、一大批判キャンペーンを打ってきました。また、萩本はいわゆる“素人イジり”で笑いをとる芸人でしたが、たけしは40年も前から『萩本の他人を使う笑いは芸が“引退”している』と批判しています」(テレビ局関係者)

 そんな萩本は、各番組の視聴率が下がってきていた1985年3月、充電と称して当時のレギュラー番組をすべて降板し、半年間休養することを決める。すると、その1カ月後の85年4月から、たけしは冠番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)をスタートさせた。

 公約通り、萩本は半年後に復帰するが、かつての勢いは取り戻せなくなっていた。すでに、世間は毒のある笑いを求める、たけしの時代に突入していたのだ。実際、この『元気が出るテレビ』は、裏で放送されてきた萩本の『オールスター家族対抗歌合戦』(フジテレビ系)を終了に追い込んでいる。つまり、たけしは名実ともに萩本に引導を渡したのだ。

 そして、今回の『仮装大賞』での降板宣言が本当であれば、萩本が地上波に出る機会はほぼ消滅することになる。

バイク事故で引退を示唆していたビートたけし

 一方で、萩本を揶揄し続けてきたたけしも、今や“老害”と言われることが多くなってきたが、かなり早い時期から引退を考えていたという。

「たけしは94年8月、47歳のときにバイク事故を起こして入院。事故から57日目に退院し、顔面のマヒを隠すこともなく会見を開きました。そのとき、彼は『前と同じように、いつまでもトップを走るわけにはいかない』と珍しく弱音を吐き、『テレビもつまんないし、数を減らしたい、徐々にね』と、第一線から退く意向もほのめかしています」(同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合