『青天を衝け』は地味な渋沢栄一をどう描く?『花燃ゆ』『西郷どん』の二の舞になる不安の画像1
大河ドラマ『青天を衝け』|NHKオンライン」より

 今年のNHK大河ドラマは『青天を衝け』である。

「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一が主人公の作品で、原作はなく、脚本はNHK連続テレビ小説『あさが来た』の大森美香が手がけるオリジナルとのことだ。渋沢栄一については『渋沢栄一自叙伝』をはじめとする関連資料も多く、おそらくこのあたりを底本とするつもりなのであろう。

 新型コロナウイルス対策や東京オリンピックが開催された場合の放送枠確保の関係から、全話数については現時点では決まっていないらしいが、どうやら前半部分を使って幕末期を扱うらしく、正直に言えばかなり不安である。

 まず、渋沢栄一という人物が本格的に活躍するのは明治時代に入ってからであるし、実際、第一国立銀行の設立や500社にものぼる企業の設立に関わるといった代表的な業績は、すべて近代以降である。

 また、渋沢栄一は昭和6年(1931年)に91歳で死亡しており、幕末期は生涯の3分の1にすぎない。ここを半分かけて描くというのでは、実業家としての渋沢栄一についてはかなり省略したものにならざるを得ず、予備知識のない視聴者にとっては理解ができないまま進んでいき、結局は離れていく結果になるのではないだろうか。

 それに、合戦などに比べて、渋沢栄一の活動は絵的に地味と言わざるを得ない。社会に与えた利益という点においては、はるかに大きいものであるにせよ、テレビドラマとするには花がないのである。たとえば、旅順要塞を陥落させたとか、バルチック艦隊を打ち破ったというような派手派手しさやカタルシスがない。そのため、一般視聴者を退屈させないように何らかの工夫が求められるところであろう。

“ワナビー志士”だった渋沢栄一

 次に、渋沢栄一が「志士」としてはあまり活躍している人物ではないという点が挙げられる。彼は天保11年(1940年)生まれで、長州の久坂玄瑞と同い年である。ひとつ年上に高杉晋作、ひとつ年下は伊藤博文で、まさに幕末直撃世代であるのだが、いかんせんパッとしたエピソードに欠ける。

 郷里の深谷で同志と共に高崎城を襲撃、武器を奪って横浜の外国人居留地へと進撃し、異人を皆殺しにしようというテロ計画を立てた逸話が目立つところらしいが、これも結果的に実施されず、計画倒れに終わっている。この高崎城襲撃計画は『渋沢栄一自叙伝』で語られているため有名ではあるのだが、自叙伝の通例として、いくらか話が盛られていると思って読む必要があるだろう。

 江戸遊学で尊王攘夷思想にかぶれ、同地では活動家としての評価が低いので地元に帰り、江戸風を吹かせながら若者らと志士気取りで活動。その中で、何か大きなことをやりたいとか言って盛り上がっている間に、高崎城襲撃計画の話が出てきて、誰もやめようと言い出せないままに、引っ込みがつかなくなっていったというのが実情ではないだろうか。しかし、中止になって郷里にいづらくなり、「勘当」という形で今度は京都へ、という流れである。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合