先方社長が消費者を恫喝?「岩下の新生姜」をめぐる食品メーカー2社のバトルに社長が激白の画像1
新生姜のパッケージデザインをめぐり、確執が続いている岩下食品と山本食品。岩下食品側が問題視している“パッケージが酷似した商品”は、筆者の住む東京都中野区近辺のスーパーでは残念ながら見つからなかった。岩下食品の主張する“類似パッケージ”については、次ページにて。

 おいしいはずの「新生姜」をめぐって、2つの食品メーカー間であまり“おいしくない”トラブルが発生している。何が起こっているのか。

 ことの発端は、「いーわしーたのーしんしょうが♪」で知られるロングセラー商品「岩下の新生姜」で知られる中堅食品メーカー・岩下食品(栃木県栃木市、従業員数:225名【2020年2月1日現在】)の社長氏によるツイート。1月12日、同社社長の岩下和了(いわした・かずのり)氏が、自社の総務部からメールが届いたとして、そのスクリーンショットを公開。その内容といえば、同じく中堅食品メーカーである山本食品工業に電話したという消費者が、対応した同社社員から恫喝的な態度をとられた……というものだった。

 氏は「山本食品工業、なんという対応だろう。お客様のお申し出に対してブチ切れるとは、あまりに酷すぎる」と、この対応について批判。名の知られた企業の社長が、ライバル社を名指しで批判するという事態にネット上はざわつき、この投稿には、7000件弱のリツイートや、1万5000件以上のいいねがつくなど、注目を集めた。

岩下食品の岩下社長が、直接電話取材に応じてくれることとなった

 岩下食品は、1899(明治32)年に乾物や野菜の小売業を営む「八百源」として栃木県で創業され、戦時中の1942(昭和17)年に漬物製造業に着手。その後、岩下商店、岩下食品工業と名称を変え、1986(昭和61)年に現在の岩下食品に。酢漬の分野では日本一のシェアを誇る業界の大手であり、くだんの「岩下の新生姜」は、1987(昭和62)年に発売されている。

 一方、2004年に同社社長に就任した岩下和了氏から名指しで批判された山本食品工業(埼玉県行田市)は、1921(大正10)年に岩下食品と同じく青果店として創業されたのち、1952(昭和27)年に山本食品工業を設立。その後、1987(昭和62)年に「あさづけ風新生姜」という商品を発売している。

 つまり、偶然か否か、同じ新生姜の商品を同じ年に販売開始した両社なわけだが、実は近年、まさにその新生姜のパッケージデザインをめぐり、確執が続いていたことが業界内では知られていた。

 2019年11月、岩下食品は山本食品工業に対して、商品パッケージが「岩下の新生姜」のそれに「複数の点で同一である」とし、商品名やデザインなどの使用停止を求める警告書を送付。以降同社は、2020年11月までの間に、計6回にわたって同様の警告書を出したという

 岩下食品の岩下社長が今回、ツイッター上でいくぶん“過激な投稿”を行ったのも、こうした確執が背景にあるものなのか。この投稿の3日後に当たる1月15日、今回の岩下社長の投稿の意図について岩下食品に直接問い合わせてみると、なんと岩下社長本人が直接回答するという。以下、岩下社長への電話インタビューを中心に本稿を展開していこう。

先方社長が消費者を恫喝?「岩下の新生姜」をめぐる食品メーカー2社のバトルに社長が激白の画像4
東京都内のスーパーに陳列されている岩下食品の製品。酢漬分野では圧倒的なシェアを誇る。
RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合