朝ドラ『おちょやん』みつえと福助の禁断の恋を演じる東野絢香と井上拓哉とは?の画像1
NHK連続テレビ小説『おちょやん』」より

 竹井千代(杉咲花)と天海一平(成田凌)の努力の甲斐があり、無事に劇団の旗揚げが叶ったNHK連続テレビ小説『おちょやん』。その矢先に須賀廼家千之助(星田英利)のわがままで「手違い話」をすることになった2月8日(月)~12日(金)を振り返ろう。

千之助とのアドリブ合戦に土壇場で勝利

「手違い話」とは、呉服屋の主人と使用人が泥棒に右腕を切られたことから始まる物語。医師が急いで腕を取りつけるが、互い違いに取りつけてしまったため、相手の意思で自分の腕が動いてしまうという話だ。

 舞台に立つのは、歌舞伎出身で見得を切る癖が抜けない小山田正憲(曽我廼家寛太郎)、歌劇団出身で歌って踊りながら演技をする石田香里(松本妃代)、東京の劇団にいたプライドの塊の高峰ルリ子(明日海りお)と、個性的なメンバー。

 興行初日の芝居中、千之助は退屈そうな客を見て、急遽アドリブを連発する。突然の出来事に他の役者たちは唖然とするが、千之助ワールドに引き込まれた客席は爆笑に次ぐ大爆笑。しかし、幕が降りた後に千之助と他のメンバーが衝突し、「台本がないと芝居ができないのは5流」と言われた高峰は「劇団を辞める」と出て行った。

 かつて高峰が福富でお世話になっていたことを知る千代は、福富楽器店で打ち上げを開いた。そして、女将の菊(いしのようこ)に、劇団に戻るよう高峰を説得してほしいと頼むが、「本当にあの人が必要なら、自分からお願いしに行くのが筋じゃないのか」と断られる。翌朝、千代は一平と一緒に高峰が泊まる宿を訪ねた。

 高峰は花菱団でいざこざを起こして行き場をなくし、背水の陣で鶴亀家庭劇に入団したが、すっかりやる気をなくしていた。2人の説得は届かず、団員たちに一部始終を報告すると、団員たちも次々に複雑な思いを吐露する。

「自分たちは高峰と同じだ」と嘆く団員たちに、一平は「半端者ばかりの集まりだからこそ新しい芝居ができるんだ」と語った。すると、菊が、高峰は本当は芝居が心底好きで、お茶屋時代はよく芝居の練習役をやらされていたと教えた。

 千代はすぐに高峰のもとへ行き、劇団に戻ってほしいと頭を下げた。すると、高峰は、婚約者に取り入ろうとした新人女優の顔を叩いたら話が大きくなり、首を絞めたことになったといういきさつを明かした。そして、「本当のことを言っても信じてもらえないのはつらい。それに、あなたは彼を取った女優に似てる」と千代をにらんだ。

 嫌われている理由がわかった千代は、笑いながら「絶対に高峰を裏切らない。こんなことで役者をやめたらアカン」と励ました。

―――

 高峰が戻り、2日目の本番を迎えようとしていたとき、千之助は団員たちに「笑いが取れないなら何もするな。お前らは用なしや」と言い放った。千代が反論し、千之助と他の団員たちによる戦いが始まった。

 しかし、相変わらず芝居で笑いを取るのは千之助ばかりで、アンケートでもおもしろかった役者には千之助の名前ばかり。まったく太刀打ちできないまま、最終日を迎えた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合