生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「Twitter」や「Instagram」、さらに「Clubhouse」とSNSの種類も増え、軒並み利用者が増えている昨今。国内のSNS普及率は80%とも言われており、デジタルネイティブ世代がさらに増えていくこれからの時代、その普及率はさらに高まることは必至だ。
そんな拡大傾向の続くSNS市場で、2016年にはじめてリリースされ、一部でブームとなっていたのが「マストドン」だ。140文字と短文でのコミュニケーションがメインのTwitterとは違い、1つの投稿の文字数は最大500文字とブログに近い機能を持っている。また、特定のサーバーを介して行うのではなく、プログラム自体がオープンソースのため誰でも「インスタンス」と呼ばれるコミュニティーのようなものを立ち上げることができる。そんなマストドンが現在、“分散型SNS”ともいわれ注目を集めている。

機能をシンプルにし新規ユーザー獲得を図る

 そんなマストドンが今夏にiOSアプリをリリースすると発表され、スマホ完結でより手軽に利用できるとして古参のユーザーを中心に期待が高まっている。ドイツ在住の同アプリ開発者・Eugen Roc…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合