ジャニーズとNHK大河の蜜月を考える…草なぎと木村の共演、松潤のもと嵐再集結はあるかの画像1

 1月中旬、2023年に放送されるNHK大河ドラマ『どうする家康』に、嵐を活動休止中の松本潤が主演し、徳川家康を演じることが発表された。

 松本は、『琉球の風』(1993年)の東山紀之(少年隊)、『新選組!』(2004年)の香取慎吾(当時SMAP)、『義経』(2005年)の滝沢秀明(当時タッキー&翼)、『軍師官兵衛』(2014年)の岡田准一(V6)に続く、大河ドラマに主演する5人目の現役ジャニーズ事務所所属者となる。

 そもそもジャニーズ事務所と大河ドラマの関係は深く、主演に限らず、これまでも数多くの所属タレントを出演させてきた。先日最終回を迎えた『麒麟がくる』でも、風間俊介が徳川家康を、長谷川純が斎藤道三(本木雅弘)の次男・斎藤孫四郎を、HiHi Jetsの井上瑞稀が織田信長(染谷将太)の嫡男・織田信忠を演じていた。

 そこで本稿では、歴代のジャニーズ事務所所属者が出演した大河ドラマ作品のなかで、特に重要度が高いものを9つ、紹介していきたい。

【1】郷ひろみらジャニーズ勢が平家の兄弟を演じた歴史的作品/『新・平家物語』(1972年)

 今から半世紀前のジャニーズ事務所は、4人組グループ・フォーリーブスを看板としており、研修生的位置づけのジャニーズJr.から有望な人材を吸い上げて次々にデビューさせていく……という現在採られているシステムを構築する前だった。そんな時代に放送された大河ドラマ『新・平家物語』は、吉川英治の同名小説を原作に平家の栄華と滅亡を描いた作品で、ジャニーズ事務所が大河ドラマと深くかかわった最初の例だ。

 主人公の平清盛(仲代達矢)と、その異母弟の平経盛(古谷一行)の若き日を、清盛=内田喜郎、経盛=郷ひろみと、当時のジャニーズ事務所所属者2名が演じていたのだ。

 内田はもともと映画会社「大映」専属俳優だったが、ジャニーズ事務所にスカウトされて移籍した人物。郷ひろみはフォーリーブスの弟分として強力にプッシュされていた新人で、この大河放送中の1972年8月に「男の子女の子」で歌手デビューを果たし、一躍トップスターの座をつかむことになる。なお、平清盛役の内田は、“大河ドラマの主人公を演じた最初のジャニーズ事務所所属者”ということになる。

 一方、郷は1975年にジャニーズ事務所を離れた後も、たびたび大河ドラマに出演しており、『草燃える』(1979年)で鎌倉幕府第2代将軍・源頼家、『峠の群像』(1982年)では赤穂四十七士のひとりである片岡源五右衛門を演じた。さらに、『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で演じたのは徳川家康だった。このキャスティングは、『麒麟がくる』の風間俊介、『どうする家康』の松本潤と続くアイドル系家康の源流といえるだろう。

ジャニーズとNHK大河の蜜月を考える…草なぎと木村の共演、松潤のもと嵐再集結はあるかの画像2
『新・平家物語』は、第46回と最終回、総集編しか映像が残っていない。そのため、内田喜郎、郷ひろみの勇姿をフルで観ることはできない。ただし、総集編のDVDは発売されている。画像は、『NHK大河ドラマ新 平家物語 総集編』のDVD版ジャケット(NHKエンタープライズ) 。
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合