月9『監察医 朝顔』ブレーク俳優・赤楚衛二に絶賛の声! 「こんなにうまい俳優さんがいるなんて」「すごくよかった」と称賛の画像1
『監察医 朝顔』(フジテレビ系)公式サイトより

サイゾーウーマンより】

 2月8日に放送された上野樹里主演の“月9”ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の第13話は、平均視聴率11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。現在ブレーク中の俳優が出演し、視聴者の注目を集めたようだ。

 前回第12話、覚醒剤の過剰摂取で死亡した女性・松野紗英(依田ゆい)。彼女の遺体を、なんとか生前に近い姿に戻そうとしていた万木朝顔(上野)らのもとに、元教授の夏目茶子(山口智子)と若林昭信(大谷亮平)が訪れた。そんな中、朝顔の同僚である高橋涼介(中尾明慶)は、片思いしている紗英の友人・愛菜(矢作穂香)の髪の毛から、覚醒剤の陽性反応が出たことを朝顔に伝えることになり……といった内容だった。

「さらに後半では、独居老人・高木春江の解剖依頼が法医学教室に舞い込む展開に。死因が敗血症であると判明したため、水質や周囲の環境を調査するため、春江が住んでいた集合住宅を訪れた朝顔でしたが、そこで、彼女から料理のおすそ分けをもらっていたという隣人・宮田市郎(赤楚衛二)に出会うこととなりました」(芸能ライター)

 市郎から春江の作った料理の検体を採取し調査した朝顔は、後日、品質には問題がなかったと判断。その際、市郎は「言いにくいんですが……僕、食べないんで大丈夫です」と朝顔に言い放ち、実はおすそ分けが迷惑だったと告白。しかし、春江には牛肉アレルギーがあり、本当はおすそ分けではなく、市郎のために作っていたことが判明し、動揺した姿を見せるシーンがあった。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合