NEW
江川紹子の「事件ウオッチ」第171回

森氏辞任は“始まり”にすぎない! 今こそ五輪開催の是非についてオープンな議論を…江川紹子の提言

文=江川紹子/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , ,

森氏辞任は始まりにすぎない! 今こそ五輪開催の是非についてオープンな議論を…江川紹子の提言の画像1
東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の公式サイトより

 女性蔑視発言で、森喜朗氏が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長辞任に追い込まれた。この一件は、日本にとって大きなダメージと嘆く声もあるが、そうとも言えないように思う。長い目で見れば、森氏は日本社会に大きな貢献をした、とさえ言えるかもしれない。その言動が多くの人の心を刺激し、男女平等についての問題意識を呼び覚まし、世界的潮流に遅れた日本の現状に目を向け、発言や行動を促す結果になったからだ。さらに、後任の会長人事を巡って、「密室政治」にも厳しい目が向けられた。

新会長の選出・就任は、問題の“終わり”ではない

 日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会での森氏の発言は、その場にいた人たちのウケを狙った“ぶっちゃけトーク”だったのだろう。案の定、その場からは笑いが出た。そのことで、問題は森氏一人にあるのではないことが鮮明になった。JOCに代表されるスポーツ界、さらには今なお日本社会全体に根強く残る、女性蔑視の風潮を浮き彫りにした、と言える。

 とりわけ、その際に使った「わきまえておられる」という表現が、問題を普遍化させるパワーワードとなった。いろいろな場面で、性差や年齢、立場の違いのために不本意な経験をし、屈辱や怒り、不満、反感、悲しみ、疑問を押し殺し、「わきまえ」てきた人たちが、「我がこと」として今回の出来事を受け止めたのだ。

 一時は後任と報じられた川淵三郎氏の“貢献”も無視できない。名前が挙がるとすぐ、川淵氏は取材に応じて、よく語った。森氏から“後継指名”を受諾する意思を見せ、「ベストを尽くしたい」と語ったのみならず、IOCから女性の共同会長を置くことを提案されたが森氏が断ったことや、森氏に相談役を要請して受け入れられたことなどの裏話まで明かした。

 こうした発言は大きく報じられ、「密室人事」との批判を招いた。その結果、組織委の議論を活性化させ、男女半々の会長候補者検討委員会を設置することになった。川淵氏は、「いらんことを話した」と悔やんでいるようだが、落胆することはない。彼のオープンな性格のおかげで、「森院政」と批判をされる事態を避けることができた。これで、組織委も日本の社会も大いに救われた、と思う。

 人々の目が届きにくい「密室」を好むのは、森氏に限らない。

 たとえば山下泰裕JOC会長は、19年6月に会長就任してまもなく、それまで報道陣に公開していた理事会について、「公の場で話せない内容が多く、本音の議論ができない」として、非公開にした。これに反対したのは、山口香、高橋尚子、小谷実可子、山崎浩子の4氏で、いずれも女性だったことは象徴的だ。

 今回の一件は、“五輪の顔”とも言うべき組織委会長の言動とあって、世界に伝えられ、厳しい批判も浴びた。それが日本国内でも報じられ、ジェンダー平等に関してこの国がいかに遅れているか、人々が実感するところとなった。

 それを踏まえて、あとは状況をどう改善していくか、が大事だ。組織委の新会長選出・就任は、本件の終わりではなく、現状を少しでも改善するための始まりにすぎない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合