【確認中】未成年ゲーマー「飲酒と無償労働」に疑問の声…ApexLegends騒動を弁護士に聞くの画像1
プロゲーマー界隈で勃発した炎上騒ぎ『Apex Legends』騒動をご存じだろうか? 画像は、物議を醸し、現在は削除されセミプロゲーミングチーム「HYUGAR」の「無償労働声明」のツイート。未成年の所属メンバーに“ただ働き”を強いたというのだが……。

 近年、新たな職業として、注目を集めることも多い「プロゲーマー」。現在、競技としてのビデオゲーム……すなわち「eスポーツ」は、ゲームタイトルによっては大会優勝賞金が1億円以上になることもあるほどにシーンが拡大。それにともない、大会賞金やスポンサーからの援助、ネット動画配信やイベントの出演料などを主な収入とするプロゲーマーが多数生まれている。

 昨年末、そんなプロゲーマー界隈でちょっとした炎上騒ぎが勃発し、物議を醸した。セミプロゲーマーチームが、未成年の所属メンバーに、労働基準法違反の“ただ働き”を強いたというのだ。いったい何が起きていたのか。

昨年12月、グラドル夢見るぅによる「ゲーム不正」が発覚し、大炎上に発展

 ことの発端は、グラビアアイドルとしても知られる夢見るぅの言動。2019年1月に放送された『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)に出演し、「Iカップ」を武器に芸能界デビューを果たした人物だ。

 そんな彼女が、一人称視点のシューティングゲーム(FPS)『Apex Legends』(米国ゲーム開発大手Respawn Entertainmentが開発、エレクトロニック・アーツが販売)のPS4版を、「コンバーター」と呼ばれる器具を使ってプレイしているのではないか……という疑惑が発生。門外漢にとっては「?」な内容だが、ここでいう「コンバーター」とは、PS4にマウスやキーボードを接続することが可能となる器具。本来はコントローラーでプレイするPS4版は、マウスやキーボードを用いるPC版に比べて相手に狙いをつけることが難しい。そのため、その差を埋めるために「エイムアシスト」という機能が実装されているのだが、コンバーターを使用するとこの機能を利用したままPC版と同じ環境でプレイができるため、同ゲームの運営サイドが公式に禁止している行為なのである。

 ところが、夢見が9月にTwitterに投稿した画像に、このコンバーターを装着したPS4がうつっていたことが発覚。12月上旬にこの疑惑が浮上し、Twitterの炎上ニュースをまとめるアカウントが12月15日にこの件を投稿して、一気に炎上状態へと発展したのである。

kentoboss側が未成年飲酒を認め、警察に出頭して指導を受け、「無償で活動する」ことを表明

 夢見は同日、そのアカウントに対して投稿を削除するようTwitterのダイレクトメッセージ機能を使用して呼びかけたものの、そのアカウントは翌16日、削除を拒否するとともに、夢見が未成年2人と飲酒している画像を公表。夢見だけではなくこの2人にも批判が集まることとなったのだが、この未成年の参加者のひとりが、『Apex Legends』をプレイするセミプロゲーミングチーム「HYUGAR」に所属する「kentoboss」というプレイヤーであったことが発覚したことにより、さらなる問題が発生する。

 HYUGARはこの件を受け同16日、Twitterの公式アカウントで、kentobossが成人する2021年7月25日まで、「収益化、報酬、サポートの全てを停止し、無償で活動する事となりました」と発表。さらにkentoboss本人もこの投稿を引用し、「浮ついた軽率な行動をとってしまい申し訳ありません。チームの処罰に従いこれから心を入れ替えていきます」(いずれも原文ママ)と、処分を受け入れることを表明。

 またkentobossはその後12月25日には、今回の自身の未成年飲酒について警察に出頭し、指導を受けたことをTwitterで公表。2020年中は活動を自粛し、2021年が明けてから活動を再開すると宣言した。つまり、本人の同意こそあれ、未成年飲酒のペナルティとして、所属するメンバーを8カ月間という長きにわたって「ただ働き」させることを宣言したということになるのだ。

 この処分の発表後、ネット上では「これは労働基準法違反ではないか?」「無償で活動させるなんてブラックすぎる」「未成年飲酒のペナルティだからといって、ただ働きさせていいの?」といった、当然といえば当然の批判が巻き起こり、大炎上。

 こうした声を受けてか、HYUGAR公式アカウントはこの投稿をすぐに削除、翌12月17日には、「本選手は雇用契約ではなく業務委託契約となっており、今回の件でイベントや大会への斡旋を控えさせて頂くという処置になります」と処罰について説明し、つまりは労働基準法違反にはならないと主張。「配信活動等は、本選手が自由に活動でき制限も設けておりません」などと釈明することとなったわけであった。(いずれも原文ママ)

 その後、kentobossは宣言通り、年が明けた1月2日にはTwitter上でゲーム動画のシェアを行い、活動を再開。以降は動画の配信などを高い頻度で行っている。また、HUGARも1月25日には新たなスポンサーを獲得するなど、こちらも精力的に活動しているようだ。騒動から2か月近くが経った現在となっては、この問題も落ち着いた感があるが、eスポーツ界隈に少なくない衝撃を与えたことも事実だろう。

【確認中】未成年ゲーマー「飲酒と無償労働」に疑問の声…ApexLegends騒動を弁護士に聞くの画像2
HYUGARは、ネットで批判を受けた『無償で活動させる』という投稿を削除した上で、現在は今回の処分が労働基準法違反にはならないとの主張を掲載している。(画像は、HYUGAR公式Twitterより)
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合