2月10日の当サイト記事『てんちむ、新たなトラブルに発展か…脱毛サロン「C3」の宣伝、景品表示法違反濃厚』で、ユーチューバーの「てんちむ」が行った脱毛サロンのPRが、景品表示法違反の疑いがあると報じた。それに対し、てんちむが「コレコレ」の生配信に電話出演して自身の見解を述べた。

 問題になっているのは、てんちむが脱毛サロンC3からの依頼を受け、自身のInstagramのストーリーズに投稿した「9ヶ月間0円で初期費用の不安もないし、満足するまでずっと通えるみたいです」との投稿だ。この宣伝文を読む限り、無料で9カ月間脱毛サロンのサービスを受けられるように思える。C3の公式HPを見ても、「9ヶ月間0円通い放題!」の文字が飛び込んでくる。

 だが、実際はこの9カ月分のサービスは無料ではなく、単に後払いになるだけで、クレジット契約を結ばなければならない。確かに広告バナーだけではなく、HPを熟読すれば後払いであることはわかる。これについて山岸純法律事務所の山岸純弁護士は、「9ヶ月間0円」との謳い文句は、“通常の理解能力を持った人”であれば「9ヶ月間は無料」と考えるため、意図的に誤解させる目的で消費者を誘引しているとして、景品表示法に抵触する可能性があると指摘。

 コレコレは生配信で当サイト記事を引用しつつ、「てんちむはなぜこんな怪しい案件を受けるのか」、とため息をついた。放送を聞いていたてんちむは電話出演を要望し、コレコレはそれを受諾。電話でてんちむは、「PRとして受けている」「企業の担当者を通し、弁護士に違法性はないことを確認してもらっている」などとして、違法性の認識はないと主張。

 さらに「9ヶ月間0円」との表記については、無料で脱毛サロンに通えるはずはないので、誤解する人はいないと思っていたと釈明。また、インスタには3枚の写真を公開し、2枚目以降で「ここから(C3のサイトへ)飛べば1万円引きになる」と説明しているので、有料であることはわかるはずとの見解も示した。コレコレから「悪いのは会社側だが、それが誤解を生む表現だということに気づかないのもおかしい」と指摘されると、不満をあらわにしつつ「私の表記が悪かったですね」と、半ば開き直ったように発言。

 この生配信でのてんちむの態度に、視聴者からは批判の声が続出。

「私は悪くないという態度を前面に出しているのが気持ち悪い」

「モテフィットで何も学んでいない」

「もうてんちむは応援できない」

「ファンを金づるとしか見ていない感じがする」

 このような声が続出したことで、てんちむは自身のYouTubeチャンネルに謝罪動画を公開した。景品表示法に抵触する可能性が指摘されている宣伝については、「クリニックの弁護士さん曰く、違法ではないということを代理店さん経由で聞いています」と、あらためて違法性の認識を否定。だが、「誤解を招いてもおかしくない表現」だったと認めて謝罪した。

 コレコレの配信で態度が悪かったとの批判に対しても、「感情的になってしまった」と反省。さらに自身の無知がトラブルを招いたとして、薬事法管理者とコスメ薬事法管理者の資格を取ることを決意したと明かした。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合