【確認中】紅白歌合戦はメタルである?BABYMETALプロデューサーKOBAMETALがヤバいの画像1
「ダ・ヴィンチニュース」で連載中のコラム『KOBAMETAL メタルハートで常識を覆せ!メタルか?メタルじゃないか?』が話題に。音楽プロデューサー・KOBAMETALのメタル愛がこれでもかと炸裂!(画像は「ダ・ヴィンチニュース」公式サイトより」)

「アイドルとメタルの融合」を旗印に活動する2人組ガールズメタルユニット・BABYMETALを手掛ける音楽プロデューサー・KOBAMETAL。素顔は大手芸能プロ・アミューズの社員としても知られる彼のコラムが、界隈で話題となっている。「ダ・ヴィンチニュース」で連載中のコラム『KOBAMETAL メタルハートで常識を覆せ!メタルか?メタルじゃないか?』において、彼のメタル愛がこれでもかと炸裂しているのだ。

 一般的に音楽プロデューサーといえば、楽曲制作はもちろん、アーティストの方向性やマーケティング手法まで担う立場でもあり、音楽的なセンスのみならず、“売れるため”の商業的な判断力・分析力も必要とされる。純粋な音楽好きというよりは、ビジネスとしての音楽に長けている印象だ。

 しかし、『KOBAMETAL メタルハートで常識を覆せ!メタルか?メタルじゃないか?』 でメタルについて語るKOBAMETALは、いちメタルヘッズでしかない。プロデューサーという立場を抜きにして、メタルを心底愛していることが伝わってくるのだ。

 例えば、2020年12月24日に配信された第1回目のコラムでは、『紅白歌合戦』はメタルなのかどうかについてきわめてまじめに論考。結論からいえばKOBAMETAL的に『紅白』はメタル……だそうで、その理由として『紅白』が70回以上続いている歴史は、メタルの重要なファクター“継承”に通じるものがあり、『紅白』で演歌歌手が豪華な衣装で登場したり、審査員と会場の観客で勝敗を決めたりという“お約束”な流れは、メタルでいうところの“様式美”にあたると説明。最後には『メタル紅白歌合戦』が開催された場合の出場者を予想して締めくくっている。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合