『噂の!東京マガジン』地上波終了、女性差別批判・BPO案件・森本毅郎の絶倫不倫騒動の画像1
TBS『噂の東京マガジン』 – TBSテレビ」より

 日曜の長寿番組『噂の!東京マガジン』(TBS系)が3月末で31年半の地上波放送を終了し、4月からはBSに移行する。司会の森本毅郎81歳をはじめ、現在のレギュラー出演者の平均年齢は64歳と、若い世代にテレビを見てもらおうとする今のテレビ界の動きと逆行するかのような、稀有なプログラムだった。そもそも、この番組はいったい何だったのか? さまざまな視点から総括してみよう。

視聴率5%からの大逆転

 1989年の開始当初、『東京マガジン』は日曜の朝10時から放送されていた。当時、この時間帯は“TBSの不毛地帯”と言われ、日本テレビ系の『いつみても波瀾万丈』とフジテレビ系の『笑っていいとも!増刊号』の2強が火花を散らしていた。

「そこへ入ってきたのが、森本が司会を務める『東京マガジン』でした。後に、彼は『とりあえず半年続けば……』と思っていたと語っています。実際に、開始直後の視聴率は約5%と大不振を極めていました。しかし、期待されていなかった分、若手ディレクターを中心に自由にコーナーをつくらせ、反応がいいものだけを凝縮した結果、高い数字を残せる番組になったと聞いています」(テレビ局関係者)

 実際、3年後の92年の平均視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と当初から倍増し、同年10月からはビートたけしの『スーパージョッキー』(日本テレビ系)、『新婚さんいらっしゃい!』『パネルクイズ アタック25』(テレビ朝日系)といった視聴率激戦区の日曜午後1時に“栄転”する。同時に、関東ローカルから全国ネットに昇格した。

「やって!TRY」が“女性差別”と批判の的に

 人気の原動力になったのが、90年5月から始まった「平成の常識・やって!TRY」(現「令和の常識・やって!TRY」)だ。これは、わかりやすく言えば、一般女性のクッキングコーナー。料理にチャレンジするも、うまくできない様子を映し出し、ナレーションでツッコミを入れるというものだ。

「実際にあった例ですが、イカの刺し身をつくる回では、中にある透明の骨を『プラスチックが入っていた』と大騒ぎしたり、かき揚げをつくるというお題のときは、牡蠣を天ぷらにする女性もいました。ただ、この企画の発想は至ってまじめで、『今の小学生がナイフで鉛筆を削れないというように、一昔前なら、親から子へ伝えられた生活の技や知恵が伝わっていない。これを“料理”というわかりやすい形で検証する』というのが出発点だったのです」(同)

 開始当初は、VTRの料理ができない女性に対して、森本が観客と一体となって怒るといった展開も見られ、番組の名物コーナーとなっていたのだが、ここ4~5年は「どうして女性だけが料理ができないことを嘲笑されるのか」と性差別問題に発展するなど、風当たりも強かった。

「噂の現場」がBPO案件に

 また、「やって!TRY」以外にも物議を醸したコーナーがある。日本各地で起きている問題をリポートする「噂の現場」だ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合