NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~【検証・森批判報道3】

えひめ丸沈没から20年、米国と遺体引き上げ交渉した「森喜朗の功績」を抹殺したマスコミ

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

えひめ丸沈没から20年、米国と遺体引き上げ交渉した「森喜朗の功績」を抹殺したマスコミの画像1
東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト」より

 2001年2月10日に愛媛県立宇和島水産高校の実習船えひめ丸がアメリカの原子力潜水艦に衝突されて沈没し、9人が亡くなった事故から20年が経った。この事故には、失言問題で東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会会長を辞任した森喜朗氏が当時の総理として対応に当たったが、「事故を知ってからもゴルフのプレーを続け、初動対応が遅れた」などの批判が殺到。当時も「神の国」発言の「失言」問題で支持率が低迷を極めていた森政権にとどめを刺した。

 しかし、この事故については、森⽒が遺体の引き上げを⽶政府と交渉するなど懸命な努力をしていたことは、新聞、テレビなどの大手メディアに黙殺された。森氏が「非情で無能」という評価を決定づけたこの事故について、本人や、当時の愛媛県知事の証言などから検証していく。

ゴルフプレー継続、当時の秘書官の指示

 森氏について書いた2月6日配信の記事でも触れたが、この事故対応をめぐる森氏への批判がマスコミの偏向報道に基づいたものであることは、もっと知られていい。えひめ丸の事故は、01年2月10日、ハワイ州オアフ島沖で愛媛県宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」(35名乗船)が、緊急浮上した米原子力潜水艦「クリーンビル」に衝突され沈没、乗員35名中9名(内高校生4名)が行方不明となった凄惨な事故だ。

 事故発生時、森氏は休暇中で横浜でゴルフをプレーしていた。この際の森氏の事故対応をジャーナリストの田原総一朗氏との対談本『日本政治のウラのウラ 証言・政界50年』(講談社)の証言から見ていく。

<森 警察担当の秘書官から電話があって「総理、詳細はまだわかりませんが、ハワイの近くで日本の船が衝突されて死者が出るかもしれない」と連絡してきたんです。その時点でもまだえひめ丸だとはわからない。

──沈没したとは言っていない。

森 「詳細を調査中ですから、そこにいてください」と言われたけれど、何もしないで立っていても邪魔になる。しかも、変な話だけど、ゴルフをしている人たちはぼくの顔を多少は知っている。

──現職の総理大臣なんだから、みんな知っていますよ(笑)。

森 それで、コースの途中で待っているわけにもいかないので、残り三ホールをやったんです。そして、クラブハウスに入ったらマスコミがワーッと詰めかけていた。

 ──官邸から詳細な報告はまだない。

森 クラブハウスに入って初めて、えひめ丸という高校の実習船が沈没したことがわかりました。それで、すぐに官邸に戻ることにして、秘書官とやりとりをしたんです。 「このまますぐ官邸に行ってもいいが、ゴルフウェアを着ているので着替えた方がいいね」「やっぱり着替えた方がいいでしょう」 「オレが行く前に、誰かそっちに着くか」 「福田康夫官房長官が今、向かっています。事務担当の副長官も間もなく到着します」 「じゃあ、洋服を着替えてからでいいかね」 「大丈夫ですから、どうぞ」ということで、世田谷の自宅に寄って着替えてから官邸に行ったんだけど、そうしたら「家に寄ってのんびり着替えて来た」とまたこうなる(笑)。でも、もしゴルフウェアのままで行ったら袋叩きでしょう。まだゴルフをしていた時には肝心な情報が入っておらず、「そこにいろ」というのが担当秘書官の指示だったわけですよ。しかし、そのことを言うと担当秘書官がかわいそうだから言わなかったんですよ。新聞は面白おかしく書いてぼくを叩いたけれど、「まあ、いいや」と思っていました。秘書官はいたく恐縮していましたよ>

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合