NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

日産・新型「ノート」、200万円とは思えない上質さ…基本性能を突き詰めた日産の本気度

文=木下隆之/レーシングドライバー
【この記事のキーワード】

, , ,

日産・新型「ノート」、200万円とは思えない上質さ…基本性能を突き詰めた日産の本気度の画像1
日産自動車・新型「ノート」

 日産自動車の新型「ノート」が、大幅に進化してデビューした。初代ノートの流れを受け継いでいるとはいえ、コンパクトハッチバックとして主導権を握るべく、数々の施策が盛り込まれているのだ。言ってみれば、とても力のこもった作品なのである。

 というのも道理で、先代のノートは「e-POWER」というハイブリッドシステムが高く評価され、驚くほど売れた。長らく不動の1位に君臨していたトヨタ自動車を破り、数年ぶりに日産で販売台数の首位に立ったモデルなのだ。新型ノートの対する日産の期待が高いのも、うなずける。新型がe-POWER専用車となったのも納得するのである。

日産・新型「ノート」、200万円とは思えない上質さ…基本性能を突き詰めた日産の本気度の画像2 

 時に日産は、カルロス・ゴーン政権の呪縛から解き放たれ、まして時代はカーボンニュートラルに舵を切りつつある。「リーフ」でEV(電気自動車)化の先鞭をつけた日産は、量産初のEVを投入した三菱自動車ともアライアンスの関係にある。ここにきて、一気に電動化メーカーとして先陣を切りたいところ。秋には新型EVの「アリア」の発売を控えている。新型ノートに並々ならぬ力が入るのも当然の戦略だろう。

 e-POWERとは、ハイブリッドの一種である。だが、エンジンパワーとモーターパワーがパラレルに連携する一般的なハイブリッドとはシステムが異なる。直列3気筒1.2リッターのガソリンエンジンを搭載するものの、それは発電機としてしか機能していない、そこで生み出した電力をバッテリーに蓄え、その電気でモーターを駆動させる。したがって、ガソリンを燃やしてはいるものの、走りはEVそのもの。その特殊なシステムをレンジエクステンダーと呼ぶ。

日産・新型「ノート」、200万円とは思えない上質さ…基本性能を突き詰めた日産の本気度の画像3 

 走りは格段に洗練度を増した。モーター出力は5kW増強され、85kWに達した。低速域でのパワーを高めるように細工されており、発進加速は明らかに強力になったのだ。それでいて、エンジンの出番は抑えられた。これまでのように、走行中のほとんどでエンジンが移動し、絶えず電力を補充していた先代とは異なり、加速中はエンジン移動を控え、バッテリー残量が低下するまでエンジンを休止させる。結果として、いかにもEVらしい静かな加速フィールを得たのだ。

 日産が得意とするワンペダルシステムにもメスが入った。アクセルオンで加速するのは同様だが、アクセルオフでの減速Gを抑えている。右足の操作次第で減速力をコントロールできるのがワンペダルシステムの強みなのだが、それが強過ぎたために挙動がギクシャクする場面があった。過剰な減速感に襲われ、停止する瞬間にカックンと急停止するような悪癖も改められた。走りが上質になったのである。

日産・新型「ノート」、200万円とは思えない上質さ…基本性能を突き詰めた日産の本気度の画像4 

 そればかりか、静粛性も際立っている。直列3気筒のがさつな回転フィールは耳に入ってこない。路面との当たりも優しい。約200万円のモデルとは思えない上質さである。そもそも、ドアの開閉からして品質感が高い。トタンの扉を力任せに閉じるときのようなチープさは消えた。適度な剛性感を伴って開閉するのである。そう、日産は本気で新型ノートに開発のリソースを注ぎ込んだのである。

 e-POWERを武器に華やかなデビューを果たした新型ノートではあるが、それはe-POWER頼みの作り込みではなく、コンパクトモデルとして基本性能を突き詰めている。妙な言い方だが、e-POWER専用車として誕生した新型ノートは、仮にe-POWERでなかったとしても高く評価されたに違いない。
(文=木下隆之/レーシングドライバー)

●木下隆之
プロレーシングドライバー、レーシングチームプリンシパル、クリエイティブディレクター、文筆業、自動車評論家、日本カーオブザイヤー選考委員、日本ボートオブザイヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員 「木下隆之のクルマ三昧」「木下隆之の試乗スケッチ」(いずれも産経新聞社)、「木下隆之のクルマ・スキ・トモニ」(TOYOTA GAZOO RACING)、「木下隆之のR’s百景」「木下隆之のハビタブルゾーン」(いずれも交通タイムス社)、「木下隆之の人生いつでもREDZONE」(ネコ・パブリッシング)など連載を多数抱える。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合