NEW
高橋暁子「ITなんかに負けない」

Clubhouse、早くも利用規約が有名無実化…録音され公開、想定外の問題続出

文=高橋暁子/ITジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

Clubhouse、早くも利用規約が有名無実化…録音され公開、想定外の問題続出の画像1
サイト「App Store」より

 音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」が大流行中だ。まだiOS版のみでAndroid版が出ていないものの、連日メディアを賑わせる人気ぶりとなっている。現状は芸能人などが大量に参入しており、ここだけの話が聞けることでも人気となっている。

 ある40代男性は、入浴中もトイレ中も使い続け、「クラブハウスに住んでいる状態」という。「憧れの漫画家さんと直接話せて夢のよう。すべてClubhouseのおかげ」。一方、眠っている間に貴重な話を聞き逃すのが怖くて、ほとんど眠れなくなってしまったという。

 あまりの人気から、Facebookでも対抗となる音声SNSを開発中と報道されている。Twitterでも昨年末より「Spaces」という音声チャットルームのβテストを開始しており、音声SNSへの注目は当分続きそうだ。

 一方、Clubhouseにはさまざまな問題点が指摘されている。改めて3つの大きな問題についてご紹介したい。

データの取扱いは不透明、セキュリティリスクは高い

 Clubhouseではじめから指摘されていたのは、セキュリティ上の問題だ。「セキュリティ的に考えると怖くてできない」という人も少なくなく、利用していても「セキュリティは心配だけれど利用したいから仕方がない」という人もいる。

 2月、独ハンブルクのデータ保護当局は、同アプリの個人情報の扱いを問題視する文書を公表している。「運営会社がルーム内の全ての会話を録音・保存している」と指摘。同時に、個人情報の収集方法にも問題があるとしている。ユーザーが誰かを招待する際はスマホの連絡先データを全てアプリ側に渡す必要があり、運営会社はサービスの利用者以外の個人情報も得るが、データ管理や削除方法については不透明のままだ。このようなデータは、知らぬ間に第三者に利用される可能性もある。

 さらに、米スタンフォード大学の調査によると、同アプリのデータの一部に中国企業がアクセスできる可能性があるという。同アプリにAPIを提供している上海のソフトウェアプロバイダーAgora社に、ユーザーのIDとチャットルームのIDを送信しているというのだ。つまり、Agora社を経由すれば、誰がどのチャットルームにいたかがわかってしまうというわけだ。

 さらに、アカウントも一度つくったら簡単には削除できない点も問題だ。削除ボタンがあるわけではなく、アカウント削除や無効を希望する場合にはメールアドレスを登録の上、support@joinclubhouse.comに削除申請を送る必要がある。しかも、申請が受理されるまでに時間がかかるという声もあがっている。

出会い系利用や情報ビジネスの温床にも

 Clubhouseで興味があるテーマのルームに参加すると新しい出会いにつながることがある。これは楽しい経験だが、一方で諸刃の剣にもなりうる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合