山下智久、ファンクラブ“ビジネス”で「結局アイドルで稼ぐ」…親友・赤西仁との断絶の画像1
山下智久

 未成年女性との飲酒と不適切な行為を受けて活動自粛中だった昨年10月31日付けで、突如ジャニーズ事務所を退所して世間を驚かせた山下智久。山下はかねてから米ハリウッドスターのウィル・スミスが代表を務めるエンターテインメント企業とエージェント契約を結んでいたが、そこを通じて決まっていたハリウッド映画『Man From Toronto』(2021年公開予定)のカナダロケが決まっていたために強行的にジャニーズを退所していたことも、後日明らかになった。

 そんな山下が今月16日、新たな行動を起こし、話題を集めている。自身のオフィシャルサイト上で、ファンクラブを開設して同28日から入会受付を開始すると発表。SNS上ではファンの喜ぶ声が多数あがっているようだが――。

「ファンクラブ“ビジネス”というのは、実は結構おいしいんです。たとえば、2017年にジャニーズを退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人による『新しい地図』のファンクラブは入会金1000円、年会費4500円ですが、2017年の開設直後に会員数が12万人におよんだとも伝えられており、年に数億円の売上が事務所にもたらされていることになります」(週刊誌記者)

 ジャニーズグループのファンクラブにも入っているというテレビ局関係者はいう。

「アイドルにとって、ファンクラブは大きな収入源。山下は俳優として本格的に海外進出したと同時に“脱アイドル”するとみられていましたが、これで“アイドルとしての収入”を得ようとしていることがハッキリしました。山下は2011年にNEWSを脱退した際、NEWSファンからは強烈な反感を買いました。もちろん、その後もソロ活動を応援しているファンも多いですが、NEWSというグループのファンからは“裏切り者”とみなされました。

 今回のファンクラブ開設は、山下のファンにとっては嬉しいかもしれませんが、少し距離を置いて見れば、“山下も結局、その収入に頼るのか”という感じですよ。アイドルが嫌でグループを辞め、ジャニーズを退社したはずなのに、カッコ悪いですね。でも、ある意味では抜け目ないというか、商売上手ともいえます」

赤西仁・錦戸亮との合流説

 山下といえば、ジャニーズを退社したことで、親友でもあった元ジャニーズの赤西仁や錦戸亮などとの合流も噂されているが、現状それは「ない」という。

「7年ほど前、赤西がジャニーズを退所してすぐの頃ですが、赤西、錦戸、山下の3人が六本木で一般人とトラブルを起こし、山下だけ器物破損容疑で書類送検されたことがありました。それから赤西と錦戸とは距離ができてしまったのですが、当時山下も30歳手前で“こんなことで自分がニュースになって恥ずかしい”と感じ、それから人間関係を改めたようです」(音楽関係者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合