NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『その女、ジルバ』なぜ絶賛一色?「ジジババばかり」で何がおもしろいのか

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
『その女、ジルバ』なぜ絶賛一色?「ジジババばかり」で何がおもしろいのかの画像1
その女、ジルバ | 東海テレビ」より

 放送直前、番宣番組に出演した主演女優・池脇千鶴の「劣化騒動」が話題になったことが懐かしく感じてしまう。それほどスタート当初から感動と高評価の声が集まり続けている『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系)。

 ただ、「女は、四十(シジュー)から!」のキャッチコピーにあるように、同作は女性の物語。称賛の声も、その多くを女性が占めていて、男性はいまだにピンと来ていない人も少なくないだろう。

 それに出演者を見ると、若者視聴が見込まれる週末の深夜とは思えないほどの高齢ぶり。くじらママ役の草笛光子(87歳)、ひなぎく役の草村礼子(80歳)、チーママ役の中尾ミエ(74歳)、エリー役の中田喜子(67歳)、ナマコ役の久本雅美(62歳)、みか役の真飛聖(44歳)、スミレ役の江口のりこ(40歳)と、主要女性キャストはすべて主人公・笛吹新役の池脇千鶴(39歳)より年上だ。

 男性キャストも、マスター役の品川徹(85歳)を筆頭に、常連客・滝口役の梅垣義明(61歳)、花山役の芋洗坂係長(53歳)、新の元カレ・前園真琴役の山崎樹範(46歳)、石動良一役の水澤紳吾(44歳)、謎の男・白浜峻輔役の竹財輝之助(40歳)も池脇より年上。ネット上で「ジジババばかり」と揶揄する声を見かけるほど中高年ばかりにもかかわらず、なぜ支持を集めているのか。

描かれているのは人生が変わる“紙一重”

 主人公の新は、結婚話が破談になった後、恋とは無縁の寂しい日々を過ごし、仕事でも大手百貨店から「姥捨て」と言われる物流倉庫に左遷。野暮ったい服やメイク、肉のついた顔や猫背の後ろ姿から、人生をあきらめている様子が伝わってきた。しかし、40歳の誕生日に熟女バー「OLD JACK & ROSE」に出会い、笑顔と生きる力を取り戻していく。

 寂しい日々を過ごしていた新と、熟女バーで輝き始める新は、まさに紙一重。小さな気づきを得ることで「人はこれだけ変われる」「明るい気持ちで生きていくことができる」ことを当作は示している。

 それは同じ物流倉庫で働く、みか、スミレとのエピソードも同様。当初、百貨店からの出向組である新、みかと、倉庫の正社員でグループリーダーであるスミレの間には大きな壁が存在していたが、「OLD JACK & ROSE」でのやり取りを通して同じ40歳独身であることを知るなど意気投合し、すぐに親友のような関係性になった。両者の間にあった大きな壁を感じて敵対関係のままか、それを乗り越えて親友になるかは、やはり紙一重だったのだ。

 第5話で、みかが故郷に残した母親と生きるために倉庫を辞めて実家に帰ったことも、第6話で新に告白しようとしていた石動がちょっとしたきっかけでスミレへの恋心に気づいたことも、同じように紙一重。派手な展開があるわけではなく、普通の女性たちが日常の小さな言動によって新たな道に気づき、一歩を踏み出していく様子が穏やかに描かれている。

「この先いいことなんてあるのかな」「今さら何かが変わることはなさそう」などと、絶望しないまでも希望を抱けなくなっている人々にエールを送るような作品なのだろう。その意味で当作は女性に限ったものではなく、男性の心も癒やす作品と言える。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合