NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『君と世界が終わる日に』ゾンビより怖い日テレの強気な戦略…忍び寄る“最大の不安”とは

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
『君と世界が終わる日に』ゾンビより怖い日テレの強気な戦略…忍び寄る最大の不安とはの画像1
君と世界が終わる日に|日本テレビ」より

 スタート前から何かと批判の声が目立ち、不安視された『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)が、ここまでそれなりの結果を出している。視聴率は「日曜ドラマ」の近作とほぼ同じ水準で、ネット上の反響も賛否両論だが、“賛”を言い切る声もあり、まだ成否を語るのは早いだろう。

 では、なぜ放送前から批判が多かったのか。また、それにも関わらず、なぜ“賛”と言い切る声も上がっているのか。2月21日放送の第6話から新章がスタートするこのタイミングで、同作のポイントを整理していきたい。

Hulu共同製作とコロナ禍での感染症

 まず「なぜ放送前から批判が多かったのか」について。その主な原因は、日本テレビのアグレッシブな制作姿勢にある。

 公式ホームページの“イントロダクション”に「いま世界中で注目のジャンルに、日ドラが地上波ゴールデンタイム連ドラで初の本格参戦!!」と書かれているように、日本テレビにとっては勝負作。「ゾンビを扱うドラマは人、時間、金がかかる」が定説であり、海外ドラマのようなスケールで描くのは難しいだけに、制作するだけで強気の戦略と言える。

 そこで「日本テレビ×Hulu共同製作ドラマ」という形式を採り、放送前からこのプロジェクトを大々的にPRしていた。しかし、日本テレビにしてみれば、「Huluと組むからスケールが大きくなる」と言いたいのだろうが、視聴者にしてみれば悪評の高い「『続きはHuluで』の戦略ではないか」という懸念が強い。

 事実、同作は日本テレビでSeason1(全10話)を放送した後、3月からHuluでSeason2(全6話)を配信するという。そんな有料会員への誘導を前提としたプロジェクトであることに批判が集まってしまったのは事実だ。

 また、「コロナ禍で重苦しいムードの今、『感染症でゾンビになる』という物語はどうなのか」と苦言を呈する声も多かった。さらに放送スタート後もワクチンに関する描写など、現実と微妙にシンクロしているシーンもある。

 その他では、「阪神・淡路大震災が起きた日に『世界が終わる』という作品をスタートさせる編成はひどい」という声も見られた。これらはいずれも作品というより、日本テレビの姿勢に対する批判だろう。これらの批判が上がることは日本テレビとしても想定内であり、それでも押し切ろうという強気のスタンスだったのではないか。

ゾンビが「怖くない」「チープ」「少ない」

 次に、「なぜ“賛”と言い切る声があるのか」について。

 同作への好意的な声はゾンビドラマを見ない人からのものが多く、「思ったよりおもしろかった」「十分ハラハラドキドキできる」などがあった。これは放送前の批判でハードルが下がっていたことに加えて、他のゾンビドラマを見ていないため比較対象がないことが奏功したのかもしれない。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合