生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年2月18日、ソフトバンクは月20GBで月額2,480円の「LINEMO(ラインモ)」を3月17日から提供すると発表した。そこで今回はソフトバンクの「LINEMO」をはじめ、ドコモの「ahamo(アハモ)」、auの「povo(ポヴォ)」、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」といった4大キャリアの格安新料金プランを比較し、どこがいちばんお得なのか検証してみる。

これまでの4大キャリアの料金競争をおさらいしよう!

 まず、2020年12月3日、ドコモが月20GB+1回5分かけ放題で月額2,980円という驚愕の格安新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表。この動きに即対応したのがソフトバンクだった。2020年12月22日には、月20GB+1回5分かけ放題に加え、LINEのデータ通信料なしで月額2,980円という「SoftBank on LINE」を発表する。その後、2021年1月13日には、au(KDDI)が月20GBで月額2,480円の「povo(ポヴォ)」を発表。1回5分かけ放題は500円のオプションとして最安値を実現した。これで窮地に立たされたのが最後…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合