朝ドラ『おちょやん』千代の弟・ヨシヲが成長した姿とは?演じるのはモデル&俳優の倉悠貴の画像1
NHK連続テレビ小説『おちょやん』」より

 2作目の公演も決まり、順調に始動した鶴亀家庭劇。一方で、岡安の一人娘の岡田みつえ(東野絢香)に縁談話が来て竹井千代(杉咲花)たちが大騒ぎとなった、2月15日(月)~19日(金)のNHK連続テレビ小説『おちょやん』を振り返ろう。

みつえと福助が晴れて結婚し福富で挙式

 ある日、お得意様からみつえに縁談話が持ち込まれた。相手は家柄もよく、母の岡田シズ(篠原涼子)たちは喜ぶが、みつえは「考えさせてほしい」と答えを保留する。

 みつえは昔から天海一平(成田凌)を好きだと思い込むお茶子たちの話を聞いた千代は、一平に「みつえの気持ちに応えてあげて。無理なら、ちゃんと振ってあげて!」と直談判。

 福富楽器店にみつえを呼び出し、一平との話し合いの場を設けるが、実はみつえはライバル・福富の一人息子の富川福助(井上拓哉)と思い合っていたことが発覚する。みつえは縁談を断って福助と一緒になりたいというが、母親同士が許すかどうか。そんな話をしているうちに、千代は2人から力を貸してほしいと頼まれ、一平も巻き込んで恋のサポートをすることになった。

―――

 その頃、岡安ではシズが大爆発。旦那の岡田宗助(名倉潤)が、福富の旦那の富川福松(岡嶋秀昭)に新しい商売について相談していたことがバレたのだ。縁談を断ることも福助との結婚も言い出しにくくなる中、千代はある作戦を思いつく。

 そして、一平やお茶子たちの協力を得て、チンピラにからまれたみつえを福助が助けるという芝居をした。まんまとシズを騙せたかと思いきや、女中頭のかめ(楠見薫)のせいで芝居だったことがバレてしまい、シズは激怒。みつえに福助と別れて縁談を進めるよう迫ったが、みつえは「岡安を継ぐのも福助と一緒になるのもアカン。これ以上、うちの夢取り上げんといて!」と言って、出て行った。

―――

 そんな中、岡安に久しぶりの団体客の予約が入った。見送りの際に、福富の菊(いしのようこ)の紹介だったと知ったシズは、そのまま福富へ。「客を紹介するなんて、大きなお世話」と啖呵を切ると、菊も負けじと言い返して、2人はヒートアップ。みつえと福助の話にも飛び火して、2人の結婚は絶望的となった。

 岡安に戻り、千代がみつえを慰めていると、先代女将の岡田ハナ(宮田圭子)がやってきて、自分のせいで岡安と福富が仲違いしてしまったのだと懺悔した。そして、自分はみつえの味方だから幸せになってほしい、と励ました。

 みつえと福助は駆け落ちを決断。それを知った千代はみつえを引き止めるが、決心の固さになす術もなかった。

 翌日、岡安が大騒ぎになる中、シズは千代にみつえの子どもの頃の話をした。目に入れても痛くないほどかわいくて、ついわがままを聞いてしまったという話に、千代は何も言えなかった。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合